読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ktgohan blog

Raspberry Pi については http://ktgohan.hatenablog.com へどうぞ。ここではそれ以外のことを扱います。

「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 中間レポート公開の後(2)

浦賀船渠ノ航跡 中止問題 INDEX | | 書き起こし 前半 | 後半 | | 考察 | | | | | urg_stf_annouce | 中間レポート



本項について

浦賀船渠ノ航跡 中止問題」の 中間レポート を公開したあとのことを、いくつか書き連ねていこうと思います。

スミス@長野氏のその後

昨年11月10日以降、彼は Twitter のアカウント(smithnagano)を放置し、しばらく M_Tangh(「水無月瑞樹」)*1 というアカウントで活動していたようですが、これも現在は消えてしまいました。

f:id:ktgohan:20150724003802p:plain

また、彼は今年3月下旬に横須賀から転居してしまったそうで、その後の行方はよくわかりません。

そもそも、どういう事情で転居(しかも転職を伴ったものでありました)したのかもよくわかりません。この「浦賀船渠ノ航跡」の一件が原因で転居して姿をくらましたのかと思いきや、どうももともと去年末あたりに結婚する予定だったそうで、そして新居を得てそこへ引っ越してしまったということらしいのです。むしろ彼が横須賀から出ていくのは事件発生前の段階でおおよそ既定路線だったのかもしれない、という推測すらあるほどです。

ひょっとすると、立つ鳥跡を濁すのが前提だったのか、ということなのかもしれません。

スミス@長野氏には複数回にわたりメールで連絡をし、回答を求めましたが、何らの応答もありませんでした。(送付したメールは、他の関係者に送ったものと同一の文面です)

バージル氏のその後

Date: Sun, 31 May 2015 10:08:20 +0900
Subject: 「浦賀船渠ノ航跡」に関して
From: ktgohan <ktgohan@ktgohan.com>
To: ********@******** 

ktgohanと申します。

過日、貴殿らがその準備および開催中止に強く関与していた
「浦賀船渠ノ航跡」について、
貴殿にも、直接お話をお伺いしたく存じます。

まずはご意向をお聞かせいただけませんでしょうか。


以上、よろしくお願いいたします。

--
ktgohan@ktgohan.com
http://ktgohan2.hatenablog.com/

バージル氏にも連絡を求める上記のメールを送ったところ、返信はあったものの回答を拒否されました。理由として、わたしを介して何かを語ったところで意図的に編集されるおそれが十分考慮できるとのことでした。そのような疑いを掛けられるのはわたしの不徳の致す限りで遺憾であります。なので、わたしを介さずご自分で事情をお話になったほうがよろしいのではないかと存じます。それであれば確実です。

が、その後バージル氏は何らも説明をすることはなく、現在に至ります。

トリック★スタァ氏のその後

彼が持ち歩いていた名刺を頼りにちょいと探りを入れてみたりしましたが、有意な手掛かりは見つかっていません。しかし、なんとも独特なデザイン(婉曲表現)の名刺ですね。 f:id:ktgohan:20150724000307j:plain

彼はこの名刺を持ち歩き、昨年のコミックマーケットなどの同人誌即売会で寄付を募るチラシを配り歩いていたとの情報が既に複数寄せられています。幸いなことにいまのところ、これらに関する金銭トラブルがあったとの情報は得ていませんが、そういうことが実際には発生していないことを祈るばかりです。

くろかい氏のその後

最近は関東圏の同人誌即売会にサークル参加していないようですが、西日本ではなぜか目撃証言が出てきていたり、8月上旬の同人誌即売会がどうのこうのという話が飛び交ったりしており、何らかの動きはあるようです。*2

くろかい氏にも説明を求めるメールを送っておりますが、これについては有意な回答を得られず(事実上の回答拒否と解釈しております)、その後は何も連絡はありません。

かぶ氏のその後

ktgohan2.hatenablog.com

上記記事から状況は大きく変化しておりません。(2015年7月23日現在)


現時点のまとめ

浦賀船渠ノ航跡」の開催を中止させた事案に直接関わった人が全員が全員、事情の一切の説明を拒否するか、または無反応という状態が、現在(2015年7月23日現在)も続いております。


さて、ここでスミス@長野さんのお知り合いの側であった元スタッフの人の捨て台詞を振り返ってみましょう。

f:id:ktgohan:20150724005339p:plain

いろいろ経験するべきだったのは誰で、憶測でモノを言うのはどうかなあというのは誰のことで、そして、他の人を巻き添えにして何かをはじめようとしているのは誰なのか、もう少し真剣に考える必要があるのではないかと、思わざるを得ません。


誤記訂正

2015/07/29訂正:「しばらく M_Tangh(スクリーンネームは「水無月瑞樹」) というアカウントで活動していたようですが」を「しばらく M_Tangh(「水無月瑞樹」)というアカウントで活動していたようですが」に訂正しました。スクリーンネームのほうが M_Tangh です。

*1:現在 M_Tangh というアカウント自体は存在しますが、元スミス@長野氏のものとの連続性についてはよくわかりません。

*2:最近になってサークル「ズイカク」のアカウントは鍵が開けられました。ただし、わたしのアカウントをブロックしております。

【追記3】「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 6月22日付で豊郷ティータイム様から公開された文書について

浦賀船渠ノ航跡 中止問題 INDEX | | 書き起こし 前半 | 後半 | | 考察 | | | | | urg_stf_annouce | 中間レポート



重要なお知らせ

わたしは2015年6月10日に 「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 中間レポート公開の後(1) - ktgohan blog を公開しましたが、このあと豊郷ティータイムさんからは何らのお返事・ご連絡もいただけておりません。

一方、2015年6月22日付で [お知らせ]イベント「浦賀船渠ノ航跡」への弊会関与の可能性についてのご指摘及び情報照会としてお問い合わせがあった件の返信不備について | Toyosato Tea Time と題されたものが先様より公開されましたが、これについても現時点までにわたしに何らのご連絡もいただけていない状態で公開されたもので、わたしに対する詫びとされるものが文中に含まれておりますが、これの内容についてわたしは何ら承知しておりません。

(再掲:5月31日に豊郷ティータイム インフォメーションから送付された、現時点では最後の返信)

Subject: Re: Fwd: 貴団体共同代表者について
From: 豊郷ティータイム <********@********>
Date: 2015/05/31 13:33
To: ktgohan <********@********>

ktgohan 様

お世話になります、豊郷ティータイム インフォメーションです。

貴殿より弊会へお問い合わせ頂いている案件について、
弊会ではわかりかねます。

上記を最終のご回答とさせていただき、
以後は本件に関わるご質問等につきましては、
ご返答をご遠慮させていただきたく存じます。

以上、よろしくお願いいたします。

◆TOYOSATO Tea Time
- 豊郷ティータイム インフォメーション -
********@********
http://www.toyosatoteatime.info/

2015年6月22日付で「豊郷ティータイム」様より公開された文書 については、わたしと先様で認識にそうとうな相違があると思われますので、内容を整理しここに公開いたします。

1.イベント「浦賀船渠ノ航跡」において組織的関与をご指摘されている件について

 

ktgohan氏ブログでイベント「浦賀船渠ノ航跡」に弊会が関与しているとのご指摘がありますが同イベントについて弊会の関与は一切ございません。   ktgohan氏ブログに記載されている、弊スタッフである村田がイベント「浦賀船渠ノ航跡」の準備活動に関与していた事は事実でありますが、弊会スタッフとして関与していた訳ではなく、個人活動として準備に関わったにすぎません。

まず『ktgohan氏ブログでイベント「浦賀船渠ノ航跡」に弊会が関与しているとのご指摘がありますが』と記載がありますが、事実ではありません。

わたしは下記の通り記載しております。


「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 中間レポート: 開催中止に至る経緯 - ktgohan blog より

一方、かぶ @cubnet1344 氏は、滋賀県豊郷町で開催されている けいおん!オンリーイベントの主催団体である『「豊郷ティータイム」 所属のベテランスタッフ』という触れ込みで入り込んできていた。後日確認したところ、実際に「豊郷ティータイム」の幹部級スタッフであった。


また、当日のコスプレ案内でもおかしな話が出始める。下記はスミス@長野氏と共に入り込んできて、のちに「浦賀船渠ノ航跡」スタッフ統括という立場になるかぶ氏の発言である。前述のとおり、彼は「豊郷ティータイム」のベテランスタッフである、というかどで入り込んできたのだが、その割には出オチに近いことをやらかす。


彼は自分が所属する団体(豊郷ティータイム)でもこういうことをやる人なのだろうか? と思うとやはり薄ら寒いものを感じざるを得ない。


 


「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 中間レポート公開の後(1) - ktgohan blog より

「豊郷ティータイム」が「浦賀船渠ノ航跡」開催中止の問題に組織として関与した可能性は薄い、とは今でも考えています。

 

ただ、同人誌即売会の主催とおぼしき人物が他所んちのイベントを潰して帰って来て、そのままだんまりを決め込んで自分ちのイベントは平然と開催する、というのは道義的に全く説明がつきません。何より彼は緘口令までしいて、その後「浦賀船渠ノ航跡」がなぜ開催中止に追い込まれたのかが明らかになっても、問い合わせにもろくに応じず、そして今に至るまでにきちんとした説明もしていません。


 

わたしはむしろ「浦賀船渠ノ航跡」の開催中止について『豊郷ティータイムが組織として関与した可能性は薄い、と考えている』とまで書いたにもかかわらず、詫び文を装ってこのような書きようをなされたことに驚きを禁じ得ません。

また、わたしは 「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 中間レポート公開の後(1) - ktgohan blog でも書いたように、かぶ氏本人が何らの応答もしないことから、事実関係の確認をする目的で「彼は共同代表だったというのはほんとですか?」と質問をしたわけで、その肝心の本題をすっ飛ばして『弊スタッフである村田がイベント「浦賀船渠ノ航跡」の準備活動に関与していた事は事実でありますが』と認めちゃうのはいかがなものであろうと首を傾げざるを得ません。

事実って認めちゃうんだそこ。すげえ。

彼が関与していたという事実については、確かにメーリングリストのログという動かぬ証拠はあったわけですが、それを組織として認めるかどうかというのは本来別の座組みのはずです。組織として「彼は確かに関わってました」というのを認める、ということは、要するに 問題点の所在を組織として認識してたってことですよね?

となりますと、いつからその問題を認識されていましたか? という別の問題が浮上してしまうんですけれど…

2. ktgohan氏からのお問い合わせ対応におけるご指摘について

 

弊会に対し情報照会のお問い合わせをいただいた際、ご返答の内容など、弊会に至らない点がございましたことをお詫び申し上げます。

まず、前記の通りわたしとのやりとりをぶった切ったのは豊郷ティータイム様側です。そして、そのやりとりは現在に至るも再開されておりません。再開されていない状態で「お詫び申し上げます」とだけ書かれても、正直申しまして、困ります。そもそも「代表ってこの人ですよね?」という問い合わせで至らない結果になる、というのは何故なんでしょうか。なにしろ、秘匿するようなものではないはずの事実が明らかになっていないのです。どうしてなのでしょうか。

詫びとかわりとどうでもいいんで、対応をしていただけることを強く希望いたします。そもそも詫びって言いながらこっちに何の連絡もない一方的なものってどうなんですかね。わたしがその内容全否定したら一発で振り出しに戻っちゃうじゃないですか。実際そうなってますけど。

総括

実際にあれを書いた人は誰ですか。再提出したいとは思いませんか?

やり直すなら今ですよ! 一回くらいは見なかったことにするから!!

私からは以上です。

追記

2015年7月9日に、下記の通り豊郷ティータイム様に問い合わせを送りました。

『豊郷ティータイム』各位:

ktgohanでございます。
2015年6月22日付で、貴会が公衆送信している下記文書についてお尋ねします。

http://toyosatoteatime.info/top/info_20150622/


1.
上記にて貴会は『ktgohan氏ブログでイベント「浦賀船渠ノ航跡」に
弊会が関与しているとのご指摘』と記載しましたが、
その具体的な個所をお示しください。

2.
上記にて貴会は『弊会がイベント「浦賀船渠ノ航跡」に関与しているのでは
ないかとのご指摘をktgohan氏から受けている件及び情報照会としてktgohan氏
より弊会へお問い合わせがあった件の返信における不備』と記載しておりますが、
貴会が認識する不備とは具体的には何であるかをお示しください。

なお、上記文書に対して当方も下記の記事を公開しておりますので、併せてお読みください。

http://ktgohan2.hatenablog.com/entry/2015/06/22/232223
「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 6月22日付で豊郷ティータイム様から公開された文書について


この件につきましては、7月16日までにご回答ください。
以上、よろしくお願いいたします。

追記2

7月9日に「豊郷ティータイム」に対し7月16日を回答希望日とする質問を送ったことについて、同会より8月5日を期限に再設定したいとの申し入れがありました。これについては可及的速やかにご対応いただきたい旨返信しました。

また、「豊郷ティータイム」が6月22日付で公衆送信を開始した文書 http://toyosatoteatime.info/top/info_20150622/ で、わたしが言っても書いてもいないことを、さもわたしが書いたように主張している件について、ただちに訂正いただきたい、と申し入れました。

特に6月22日付文書については「豊郷ティータイム」の代表者により行われた所業でありますので、共同代表者が連帯しこの件にご対応いただきたい、とも申し入れております。各自の自主的かつ合理的なご対応がありますことを強く祈念いたします。

追記3

「追記2」における申し入れに対し、わたしが7月28日に「豊郷ティータイム」に返信した内容を公開します。本名等が記載される部分は念のためマスクしています。

豊郷ティータイム 各位:

 

ktgohanです。

わたしは、7月9日にお尋ねした際には

1. 上記にて貴会は『ktgohan氏ブログでイベント「浦賀船渠ノ航跡」に 弊会が関与しているとのご指摘』と記載しましたが、その具体的な個所をお示しください。

と記しましたが、これについては何らの回答もいただけておらず、 回答の意思がないとお見受けせざるを得ない状況にあります。

 

つまり、貴会は何らの根拠もなく、私が『「浦賀船渠ノ航跡」に貴会が関与していると指摘した』旨の公衆送信をいまなお続けていると考えざるを得ません。 これはわたしの名誉を著しく毀損するもので、到底許容できるものではありません。

 

そもそも、7月16日に貴会より送信されたメールでは後段でこのように記載しており、 『ktgohan氏ブログでイベント「浦賀船渠ノ航跡」に弊会が関与しているとのご指摘』自体を このメールでは否定しつつ、今に至るも公衆送信を続けていることになります。

最後に、「浦賀船渠ノ航跡」への**の参加については、ktgohan様ご指摘のとおり、個人的なものと承知しており、 弊会として何ら関与しているものではないことを申し添えます。

下記のことを求めます。

 

1. 2015年6月22日付で貴会が公開した文書については、直ちに訂正してください。

2. 1.に際し、わたしが『「浦賀船渠ノ航跡」に貴会が関与していると指摘した事実はない』ことを直ちに公開してください。

3. 貴会代表者(****殿、****殿)が連帯し、この件にご対応ください。

 

可及的速やかにご対応いただけない場合、必要な措置をとることがあります。

 

以上です。

さて、問題なのはこれに対する「豊郷ティータイム」側からの返信は実際に8月5日のぎりぎりになって来たのですが*1、この返信文を読み解くだけでも一大イベントなので、記事を分けようと思います。


*1:期限日や回答希望日より前に返信が来たことが実は一度もない。それが即ちダメとまでは言わないが…

「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 中間レポート公開の後(1)

浦賀船渠ノ航跡 中止問題 INDEX | | 書き起こし 前半 | 後半 | | 考察 | | | | | urg_stf_annouce | 中間レポート



本項について

浦賀船渠ノ航跡 中止問題」の 中間レポート を公開したあとのことを、いくつか書き連ねていこうと思います。

かぶ氏と「豊郷ティータイム」について

中間レポートでは、「浦賀船渠ノ航跡」の開催中止に強く関与していた人物のうち、かぶ氏が「豊郷ティータイム」の幹部級スタッフ *1 であると書きました。「幹部級」と言葉を少しあいまいなものにしたのは、この中間レポート公開直前の段階では、彼がどういう職位にあったのか裏を取り切れていなかったからです。

昨年11月~12月の段階では、彼は『「桜高新入生歓迎会!! 5じかんめ」の共同代表』であった、ということまでは聞き及んでいました。ただ、その後どうなったかは正直に言うとよくわかりませんでした。というのも、彼の名前は公式ウェブサイト *2 の代表者名義からも下げられた等の動きがあったためです。また、この前後に彼が周囲に「もう同人活動も卒業しないといけないなと考えている」旨を漏らしており*3、ああ、そういうことならそれはそれで仕方ないねとは私も思っておりました。

実際にはそうではなかった、ということを私が知ったのは「桜高新入生歓迎会!! 5じかんめ」の開催日である5月4日以降のことです。

まず、彼は代表としてその場にいた、との知らせを受けました。当日のカタログにも共同代表者として名前が載っていましたし、共同代表として本部にもいた、と。  

「豊郷ティータイム」が「浦賀船渠ノ航跡」開催中止の問題に組織として関与した可能性は薄い、とは今でも考えています。

ただ、同人誌即売会の主催とおぼしき人物が他所んちのイベントを潰して帰って来て、そのままだんまりを決め込んで自分ちのイベントは平然と開催する、というのは道義的に全く説明がつきません。何より彼は緘口令までしいて、その後「浦賀船渠ノ航跡」がなぜ開催中止に追い込まれたのかが明らかになっても、問い合わせにもろくに応じず、そして今に至るまでにきちんとした説明もしていません。

かぶ氏には下記のメールを二度送りましたが、応答はありませんでした。*4

Subject: 「浦賀船渠ノ航跡」に関して
From: ktgohan <********@********>
Date: 2015/03/17 17:52
To: ********@********

ktgohanと申します。

過日、貴殿らがその準備および開催中止に強く関与していた
「浦賀船渠ノ航跡」について、
貴殿にも、直接お話をお伺いしたく存じます。

まずはご意向をお聞かせいただけませんでしょうか。


以上、よろしくお願いいたします。

--
********@********

かぶ氏が何らの返答をなさらない以上、まずは事実確認から進める必要がありました。

このため、まずは「豊郷ティータイム」に対して、実際のところ、彼は本当に主催であったのかを確認するところからはじめました。

5月6日

まずは、「桜高新入生歓迎会!! 5じかんめ」の公式ウェブサイトの 問い合わせフォーム から問い合わせました。下記は、その際に自動返信で返ってきたメールです。

Subject: 桜高新入生歓迎会!!5じかんめへのお問い合わせを受け付けました
From: 豊郷ティータイム <********@********>
Date: 2015/05/06 12:33
To: ********@********

この度は桜高新入生歓迎会!!5じかんめへのお問い合わせありがとうございました。
改めて担当者よりご連絡をさせていただきます。

送信された内容をご確認下さい。

お名前:ktgohan

サークル名:

メールアドレス:********@********

内容:その他

深夜・早朝の返信可否:返信可

メール以外の連絡先:  

問い合わせ内容:
ktgohan と申します。
下記について、照会させていただきたく存じます。


2015年5月4日に開催された「桜高新入生歓迎会!! 5じかんめ」において
かぶ こと****氏は当催事の共同代表であったのは事実でしょうか。


以上、よろしくお願いいたします。

--
このメールは 桜高新入生歓迎会!!5じかんめ(http://toyosatoteatime.info) のお問い合わせフォームから送信されました

このメールに心当たりの無い場合は、お手数ですが
下記連絡先までお問い合わせください。

豊郷ティータイム
********@********

かぶ氏の名はカタログやウェブサイトにも載っていたものですから、要は「載っていたものは事実か否か」だけを尋ねました。あんまり難しいことを聞くつもりもなく、まずはシンプルに行こうと思ったのです。

f:id:ktgohan:20150607103947j:plain

5月10日

四日たっても音沙汰がなかったので、メールで再度問い合わせました。

Subject: 貴団体共同代表者について
From: ktgohan <********@********>
Date: 2015/05/10 17:48
To: ********@********
CC: ********@********, ********@********

豊郷ティータイム「桜高新入生歓迎会!! 5じかんめ」 各位:
(Cc:****さま、****さま)


ktgohan と申します。
下記について、照会させていただきたく存じます。

2015年5月4日に開催された「桜高新入生歓迎会!! 5じかんめ」において
かぶ こと****氏は当催事の共同代表であったのは事実でしょうか。


以上、よろしくお願いいたします。

(同一内容を 2015年5月6日12時32分に貴団体Webフォームより
 送信しておりますが、ご返信を戴けていないため念のため再送しております)

5月18日

18日になってようやく返信が来ましたが、どうにも首を傾げざるを得ない内容が返ってきました。

Subject: Re: 貴団体共同代表者について
From: 豊郷ティータイム <********@********>
Date: 2015/05/18 9:52
To: ktgohan <********@********>

ktgohan 様

お世話になります、豊郷ティータイム インフォメーションです。
メールの返信が遅れており、誠に申し訳ございません。

弊会にて本件の返答につきまして十分に検討いたしましたが、
個人情報となりうる情報のご照会となるため
ご照会される方ご自身について、お名前や連絡先などを
しっかりとお示しいただいた上でご依頼いただいた場合に
ご返答いたしたく考えております。

誠に恐れ入りますが、本件につきまして
現段階ではご回答いたしかねます。

以上、ご理解の程よろしくお願いいたします。 

◆TOYOSATO Tea Time
- 豊郷ティータイム インフォメーション -
********@********
http://www.toyosatoteatime.info/ 

「この人、代表でしたよね?」という問い合わせがどうして「個人情報となりうる情報の照会」なのでしょうか?

それに加え、照会元の名前や連絡先を示せ、というものすごくまずいおまけがついてしまっています。

まずいものはほったらかすわけにはいかないので、このように返信しました。

Subject: Re: 貴団体共同代表者について
From: ktgohan <********@********>
Date: 2015/05/18 10:48
To: 豊郷ティータイム <********@********>

豊郷ティータイム 各位:

ktgohanです。
おっしゃることがよくわかりません。もともと****氏の名前は、
共同代表として貴団体により公表されていたものです。
https://**********

このため、これは事実関係を確認する照会であり、個人情報を特定する目的の照会ではありません。
ただし個人の名前が不特定多数に露出することは好ましいことではないため、
あくまでも個別に問い合わせをするに至った次第です。

そもそも、イベントの代表者名義が公開情報の上で告知なく差し変わっていること自体、
本来は参加者に対し何らかの説明があって然るべきでしたでしょうし、
しかも実際には****氏は、5月4日当日には共同代表として臨場されているとお伺いしております。
これは、何を意味されるのでしょうか? 是非とも併せてご教示賜りたく存じます。


このメールをもって、再照会とさせていただきます。5月25日までにご返信いただければ幸いです。

以上、よろしくお願いいたします。

5月21日

わりと大事なことを書き忘れていたので、改めてメールを送りました。

Subject: Re: 貴団体共同代表者について
From: ktgohan <********@********>
Date: 2015/05/21 11:57
To: 豊郷ティータイム <********@********>

豊郷ティータイム 各位:

ktgohanでございます。
二点、追加でお尋ねいたします。

> > 弊会にて本件の返答につきまして十分に検討いたしましたが、
> > 個人情報となりうる情報のご照会となるため
> > ご照会される方ご自身について、お名前や連絡先などを
> > しっかりとお示しいただいた上でご依頼いただいた場合に
> > ご返答いたしたく考えております。

1.
上記を読む限り、照会元の個人情報を提供すれば回答する、
ということと解釈しておりますが、その認識でよいでしょうか。

2.
このときに提供することが必要となる個人情報については
貴団体による個人情報の収集であると考えております。
収集されることそのものは吝かではありませんが、
個人情報の利用の目的を明らかにしてください。

上記についても、5月25日までにご回答ください。

よろしくお願いいたします。

そもそも(代表の)個人情報を出せなんてこちらは一言も言ってないのです。「代表がこの人であることは間違いないですよね」と聞いているのです。それを「それは個人情報だ」というのは、個人情報というものを何か履き違えているか、それとも「これは個人情報だ」とテキトーに言って引き下がらせようとしているのでは、と思わざるを得ません。

もうひとつ。即売会の催事団体が持つサークル申込者の名簿なんてのは、それ自体が機微な情報の塊です。そういうものを扱う人たちの「個人情報」に対する認識がまずいとか、このような「オレオレ個人情報」の手口を使って話をごまかそうとするのは、あんまりいいことではないと思うのですね。

ですので、真正面から『こちらの個人情報を出すのは構わないけど、個人情報を収集し利用する目的を明らかにしてください』と聞くしかありませんでした。そして、彼らも正面から個人情報の収集・利用の目的について回答なさるのであれば、こちらも出すべきものは出すしかないよねくらいには考えていました。

そう思っていたのですが。

5月25日

Subject: Re: 貴団体共同代表者について
From: 豊郷ティータイム <********@********>
Date: 2015/05/25 10:44
To: ktgohan <********@********>

ktgohan 様

お世話になります、豊郷ティータイム インフォメーションです。

本件のご照会は、個人名を照会するものであり、
照会後における責任の所在が不明瞭な状況では
ご希望の意に沿いかねる状況です。

現状のホームページと添付されたアーカイブの内容に
差異がある件につきましては、本会における責任者の表示を
改めて検討した結果、現在の表示内容としたためです。

また、追加でいただきました質問につきましては、
以下の通りご回答いたします。

> > 1.
> > 上記を読む限り、照会元の個人情報を提供すれば回答する、
> > ということと解釈しておりますが、その認識でよいでしょうか。

ご認識の通り、照会元の個人情報をご提供いただきましたら、
ご照会に対応いたします。

> > 2.
> > このときに提供することが必要となる個人情報については
> > 貴団体による個人情報の収集であると考えております。
> > 収集されることそのものは吝かではありませんが、
> > 個人情報の利用の目的を明らかにしてください。

 個人情報を提供することとなるため、
弊会として提供される個人情報の保持者に
不利益とならないよう措置を講ずる必要があります。
 本件に際しまして、今回ご照会されている情報が
適切に開示されていることを確認する事項のひとつとして
「どこ」の「どなた」に情報提供したか確認すべきものと考えています。
そのため、照会元となるktgohan様の個人情報をご提供いただきたく考えます。

恐れ入りますが、上記内容にてご回答といたします。

以上、よろしくお願いいたします。 

◆TOYOSATO Tea Time
- 豊郷ティータイム インフォメーション -
********@********
http://www.toyosatoteatime.info/ 

「ご認識の通り、照会元の個人情報をご提供いただきましたら、ご照会に対応します」という回答はきました。これはいいんです。

問題は次の段です。

『個人情報を提供することとなるため、弊会として提供される 個人情報の保持者に不利益とならないよう措置を講ずる必要があります。

大事なことなので何度でもいいますが、そもそも個人情報を出せってわたしは言ってません。それだけでも首を傾げざるを得ないのに、「照会元の個人情報を出せ」に加え、その収集と利用の目的を「個人情報の保持者(かぶ氏のことを指すのでしょう)に不利益とならないよう措置を講ずる必要」が目的であると回答してきたのです。

何ですかその「措置」って。おまけに文脈を考えると、「かぶ氏に不利益とならないよう措置」としか読み取れません。一体何をしようとしているのでしょう。

仕方がないので、具体的に教えてほしい旨の返事を書きました。

Subject: Fwd: 貴団体共同代表者について
From: ktgohan <********@********>
Date: 2015/05/25 18:22
To: 豊郷ティータイム <********@********>

ktgohanです。
ご返信いただきまして、誠にありがとうございます。


わたしは、団体の代表者が誰であるかの事実関係をお尋ねしているかに過ぎません。
そして、代表者が誰であるかは、もともとは貴団体より明らかにされていたものです。

その内容が事実であるかの照会に際し、それが個人情報であるとか、
そしてなぜわたしの個人情報が必要であるのかは、
論理としてあまりつながりがないように思います。
もう少し、詳しくご解説いただけませんでしょうか。


もうひとつ今回お尋ねしているのは、わたしの個人情報を利用する目的です。

ご回答の文中にある「個人情報の保持者に不利益とならないような措置」は
あまりなじみのない語句ですが、具体的にはどのような措置でしょうか。

重ねて申し上げますが、個人情報を提供すること自体は吝かではありませんので、
その利用の目的を、具体的に明らかにしてくださいますよう、お願いします。


以上、よろしくお願いいたします。


この問い合わせについては、2015年5月中に何らかのご返信をいただけることを希望します。
5月中の返信が不可能である場合は、その旨お知らせください。




追伸:

> > 本件のご照会は、個人名を照会するものであり、
> > 照会後における責任の所在が不明瞭な状況では
> > ご希望の意に沿いかねる状況です。

イベントを開催するにあたって代表者名を明らかにされていたのは
責任の所在を明らかにする意図が含まれている、とわたしは解釈しております。

その代表者名が、何らの予告や説明も無くすりかわる、というのは
貴団体の責任の所在こそが不明瞭といえてしまうのではないかと
ふと考えてしまいますが、如何でございましょうか。

もしよろしければ、この点についてもご見解をお伺いできればと思います。

追伸の部分が、一番聞きたかったことではあります。

かぶ氏は「浦賀船渠ノ航跡」を蹴り倒す側に回って、しかも緘口令をしいて、その後事情が明らかになっても何も説明せずにいて、おまけに「桜高新入生歓迎会!! 5じかんめ」では共同代表から降りたフリをして実際には代表を務めておりました。

その上で、わたしからの照会に対して『責任の所在』を理由にわたしの個人情報を収集しようとしたわけです。責任の所在とかどの口が言うか、としか言いようがないのですね。

必要であればわたしの個人情報は出しますけど、そもそも必要ではないわけですし、個人情報の収集を試みた時点で収集と利用の目的は明らかにしてもらわにゃなりません。そのあたりを全部書いて返信をするに至りました。

あと、「5月中の返信が不可能である場合は、その旨お知らせください。」と書いたのには理由があります。彼らにじっくり考える時間が必要ならば、その時間はあって然るべきだと思ったからです。

5月31日

Subject: Re: Fwd: 貴団体共同代表者について
From: 豊郷ティータイム <********@********>
Date: 2015/05/31 13:33
To: ktgohan <********@********>

ktgohan 様

お世話になります、豊郷ティータイム インフォメーションです。

貴殿より弊会へお問い合わせ頂いている案件について、
弊会ではわかりかねます。

上記を最終のご回答とさせていただき、
以後は本件に関わるご質問等につきましては、
ご返答をご遠慮させていただきたく存じます。

以上、よろしくお願いいたします。

◆TOYOSATO Tea Time
- 豊郷ティータイム インフォメーション -
********@********
http://www.toyosatoteatime.info/

要するに回答拒否という結果になりました。

じっくり考えてくれればいいなあと思っていたのですが、残念ながらそれも無駄であったということなのでしょう。

まとめ

  • かぶ氏は実際には代表を降りておらず、おそらく、降りたフリをしていたのでしょう。

  • それにしても、わたしとこのやり取りしていたのは実際のところ誰なのでしょう? もし「豊郷ティータイム インフォメーション」の正体がかぶ氏本人であればこれほど業腹かつ滑稽なことはありません。が、もしこれをかぶ氏がやっていなかったのであれば、そっちのほうが問題ですね。

  • 何が問題かというと、組織として代表を全力でかばうこと自体は彼らの自由ですのでそこはいいんですが、彼らの代表が外でやらかしたことの責任を全く果たしていないのに、そのことについて外から照会があったら「責任の所在」をたてにして個人情報よこせと言い張る、という対応を組織的に行ったことになります。

浦賀船渠ノ航跡」開催中止に際し、豊郷ティータイムの組織的関与があった可能性は極めて薄いとは今でも思っています。ただ、その後のことについてはそうではないのかもしれません。少なくとも、事後の対応については上記のようなことがありました。


*1:正確には、この豊郷ティータイムが主催する「桜高新入生歓迎会!! 5じかんめ」の幹部級スタッフ

*2:http://toyosatoteatime.info/ss/outline/

*3:4月中旬に彼が小川さんに送ったメールにも、そのようなことが書いてあったそうです。

*4:二回目は 2015年4月2日 午前11時23分 に送信しました

「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 中間レポート: 開催中止に至る経緯

浦賀船渠ノ航跡 中止問題 INDEX | | 書き起こし 前半 | 後半 | | 考察 | | | | | urg_stf_annouce | 中間レポート



本項について

本項は、「浦賀船渠ノ航跡」(公式サイト) が2014年10月以降、開催中止が告知されるまでの間に、誰がどのように関わり、そしてどのような経過を辿ったのかを明らかにする目的で作成した、いわば『中間レポート』です。

わたしは「浦賀船渠ノ航跡」中止問題の調べを進めるなかで、スタッフ用メーリングリストのログおよび、「浦賀船渠ノ航跡」が中止となる原因となったメール等について、複数の方から提供を受けました。今回、「浦賀船渠ノ航跡」がなぜ中止に追い込まれたのか、その全容を明らかにする目的でこれらを整理し、自分の責任において公開することにしました。

個人的な通信手段として用いられることがあるメールは「私信」の側面を強く持つことが多く、そのような「私信」がみだりに公になることは、よいことではありません。

しかしながら、スタッフメーリングリストや、催事の業務にあたってやりとりされたメールは業務上発生した指示・報告を記録したものという側面が強いものでもあり、その業務に際したものほど、「私信」ではなくなります。

今回公開するのは、いずれも「私信」ではないものです。申し添えますと、もし今後「私信」の性格が強いものについての情報提供を受けた場合でも、そのようなメールの公開はしません。

また、本項での公開に際しては下記の点をご了承ください。

  • 本名または本名が強く想起される箇所は全てマスクし、スクリーンネーム等に置き換えています。(主催の小川さんを除く)
  • メールアドレスは全てマスクしています。(メーリングリストのアドレスを除く)

総論

  • 浦賀船渠ノ航跡」は、もともとは主催の小川さんが単身で準備を進めていたものだが、10月19日頃にスミス@長野、くろかいの両氏が後乗りで参画するに至る。ほどなくこの2名をコアとするメンバーらが、事実上「浦賀船渠ノ航跡」の事前作業を乗っ取っていたようなものであった。だが、彼らには同人誌即売会の催事事務の経験はなかった。彼らは自分らの能力不足を棚に上げ、事実に反する形で「10月19日の時点で事前作業の進捗はゼロ」と小川さんを非難し続けていた。

  • スミス@長野氏らは同人誌即売会の催事事務の経験がない故に、自分の知り合いを中心にスタッフの数を野放図に増やしていた。

  • 11月5日頃、スタッフML内部で、カタログに掲載されていた「浦賀船渠」の写真を対象に『著作権違法対象(原文ママ)』であると根拠がない指摘があがる。この指摘をした人物は、スミス@長野氏の知人であった。小川さんはこれを受けてカタログの頒布中止を検討するが、これをさらに後ろから刺す形で『(住友重機械工業が)暇なら金(賠償金)になるから訴えるって言っている』などと言い出す。明らかに不当な要求であり、しかも彼らの身内からの要求であった。

  • 浦賀船渠ノ航跡」に入り込んでいた、スミス@長野、くろかい、かぶ、バージルら事実上のコアメンバーは、この一度目の(自分たちの身内の)要求に完全に乗っかる形で、11月5日未明に『スタッフ離脱』を宣言する。

  • 11月6日午前0時をもってスタッフMLが削除され、コアメンバー以外の一般のスタッフは離散状態になる。が、コアメンバーらはこの「離脱」宣言後も『浦賀船渠ノ航跡』への関与をし続けており、実はコアメンバーのみが離脱していなかった。

  • 11月6日夕方、離脱したはずのコアメンバーらからの二度目の不当要求があり、「(住友重機械工業が)法的措置を取る」とちらつかせる。これを受け、他のコアメンバーからの執拗な要求に屈する形で11月6日夜、小川さんが開催中止を告知するに至った。

  • 後日、これらの「要求」「法的措置」に住友重機械工業が一切関与しておらず、一度目・二度目いずれの「要求」も、このコアメンバーらが捏造したものであったことが明るみに出る。



10月上旬まで

この段階まで、「浦賀船渠ノ航跡」主催であった小川さんは、ほぼ単独で開催準備を行っていた。チラシ絵やカタログ原稿に関する外部の協力者は数名存在したが、事前作業そのものはほぼ単身であった。

10月上旬

小川さんが、スミス@長野氏 @smithnagano にカタログの原稿執筆を一部依頼する。スミス@長野氏はもともと「浦賀船渠ノ航跡」にサークル参加を予定しており(参加サークル一覧にも記載がある)、主催の小川さんとそれなりの接点があったと思われる。

スミス@長野氏はこの原稿依頼に応じ、10月5日頃には原稿を小川さんに送付していた。その結果となったものがカタログにも残っている。

f:id:ktgohan:20150313235509j:plain

この時点ではスミス@長野氏は「浦賀船渠ノ航跡」スタッフでも何でもなく、一サークル参加者の立場に過ぎない。

が、この数日後の10月8日以降より、「主催をやってみたい」などと言い出す。本人がこのように言う通り、彼は即売会の主催経験や事務作業の経験は全くなかったという。

10月12日~10月18日付近

スミス@長野氏およびその周辺者が、「浦賀船渠ノ航跡」の事前作業等に介入しはじめる。

小川さんの証言によると、この頃にサークル参加案内の赤入れをスミス@長野氏が行うに至っていた。(この作業が、実質的にどちらが依頼・要望したものかは不詳。) いずれにせよ、小川さんの手許にはスミス@長野氏からサークル参加案内に赤入れをしてもらい、それを返送してもらったメールが残ってるという。

下記は、この頃にスミス@長野氏が赤入れをし、小川さんに送付した現物である。(小川さん提供) f:id:ktgohan:20160619130329j:plain

この段階では、特に不審な点は見受けられない。

10月18日 :スミス@長野、くろかいの両氏が介入を開始

10月18日には、下記2名が小川さんとその知人を訪ね、「打ち合わせ」をもっている。

この「打ち合わせ」の経緯はあまりよく分かっていないが、ここでスミス@長野氏は小川さんの事前作業を「進捗ゼロ」であると断じ、また、カタログの作成が間に合わないとして「浦賀船渠ノ航跡」への介入を開始する。また、当人がこのようなツイートを残している。

ただ、実際には下記の通りであった。

  • 前述のとおり、サークル参加案内は、10月18日の段階でスミス@長野氏自身が赤入れをする段階に至っていた。
  • カタログ原稿も集まりつつあった。

これらの事情は、スミス@長野氏・くろかい氏らが本来知るべきところであった。このため、スミス@長野氏・くろかい氏らが「浦賀船渠ノ航跡」に介入した理由として挙げていた『事前作業の進捗はゼロであった』という主張そのものが、最初から事実に反するものであったといえる。

スミス@長野氏はこの頃には Twitter のプロフィール欄をこのように書き換えていた。(以下は Bing キャッシュより。2014年11月11日頃スクリーンショット取得)

f:id:ktgohan:20150402232408j:plain

「最初から乗っ取る気満々だったんじゃないか」とも取れてしまうのだが、それを否定できる証拠も論拠も今のところ見つかっていない。これで乗っ取る気がなかったのであれば、それはそれで相当なものであろう。

10月19日 :uragasenkyostaff_all

スミス@長野氏が作成したスタッフ用メーリングリスト uragasenkyostaff_all が、freeml にて作成される。

ここで一緒に送信された18日の「打ち合わせ」の議事録によると、このとき、作業は主に下記のように割り振られたとされる。

  • 配置作業はスミス@長野氏が実施。21日まで。
  • カタログ等向けの図面作成はくろかい氏が実施。21日まで。
  • 搬入出案内の作成はくろかい氏が実施。22日まで。
  • 成年向け作品関連の案内文は、スミス@長野・くろかい両氏が実施。期限不詳。

これを前提に、10月24日に参加サークルへの案内状発送というスケジュールが設定される。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0001] 【共有】浦賀船渠の航跡・20141018事前MTG・議事録について
From: スミス@長野 <********@********>
Date: 2014/10/19 21:06
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

TO:関係各位

お疲れ様です。スミス@長野です。
今般、スタッフ用及び事前準備用としてMLを作成いたしました。
当アドレスへ送信することにより、登録されている全員へメールが配信されます。


まずはじめに、先日(10/18)開催されました第一回事前MTGの議事録を共有いたし
ます。ご確認ください。


>主催・小川様
くろかいさんより、以下のコメントを頂いております。
私が変わってコピペしますのでご検討ください。

>配送業者については先ほどは気が付きませんでしたが、
>ヤマトのクロネコ他念のため郵便局(ゆうパック)も当たってみてください。
>開催日が日曜日なのでダメかもしれませんが、本局の横須賀郵便局の方が
>搬器の物量としては多いと思うので、郵便局一時預かりで当日朝配送をして
>貰えるかも知れません。

>それから封筒全面印刷が可能であればですが、料金別納郵便を使ってみると
>言うのも切手を貼る作業量を減らす手だと思いますので一考してみてはと思います。


以上です。

 

Subject: [uragasenkyostaff_all:0002] 【共有】浦賀船渠の航跡・会場図面について
From: スミス@長野 <********@********>
Date: 2014/10/19 21:26
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

To:関係各位

お疲れ様です。スミス@長野です。
五月雨となり申し訳ございません。

続いて、会場たる場所の図面・情報を共有いたします。
※既に共有済みの皆様には、二重となってしまい申し訳ございません。
MLホームページ(http://www.freeml.com/uragasenkyostaff_all)より
「共有ファイル」というタブから、アップロードしたファイルが参照できるかと思います。
※会場全体平面図についてはA3を分割スキャンしたため、少々歪みがありますことをご了承ください。
※第一・第二研修室平面図に記載の「丸」は、コンセント位置となります。


【参考情報】
・当日、第一・第二研修室が主たる会場となります。
・当日、交流サロンがコスプレスペースとなります。
・第2、第3会議室が更衣室を更衣室として確保しております。
・当日、第1会議室は別団体(婚活パーティー)が12時ころより使用いたします。
・会場側には「艦これ」の同人誌即売会であり、コスプレイヤーが当日参加する旨通知いたしました。
 ※担当者のフィーリング的に好意的であったことを申し添えます。


また、「フォト共有」には会場となるビルの案内板を撮影したものをアップロードしております。
※ビルの図面を入手することができませんでした。


以上、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

 

Subject: [uragasenkyostaff_all:0003] 【挨拶】くろかいです
From: くろかい <********@********>
Date: 2014/10/20 12:43
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

各位

お疲れさまです、くろかいです。
長野さんにつきましては、ご多忙の中メーリングリスト作成頂きありがとうございます。

来る11月9月の汐入での浦賀船渠ノ航跡について、様々に問題がある事が判明しました。
私や皆さんはサークルや一般参加と言う立場ですが、横須賀が艦これ界隈や同人界に対して
これからも魅力溢れる地であり続けるよう、出来る限りではありますが尽力できればと思い
ます。

それでは、どうぞよろしくお願いします。

uragasenkyostaff_all の初期のログから読み取れるのは、スミス@長野氏とほぼ同時期にくろかい氏が入り込んでいることである。つまりくろかい氏は、この「後乗り」でやってきたスタッフの中では最先発であった。

それにしても「横須賀が艦これ界隈や同人界に対してこれからも魅力溢れる地であり続けるよう」と威勢はよいが…

10月22日・その1

このあたりから、作業が遅滞し始める。

uragasenkyostaff_all でのコミュニケーションが円滑に進んでいなかったことが主因とみられるが、そもそもスミス@長野・くろかい両氏には同人誌即売会における事前作業の経験がなく、要するに「事務経験がゼロの人間が小川さんの進捗がゼロと糾弾した挙句に、自爆する」という状況にもあった。

最も顕著だったのは、くろかい氏の一件である。彼は「R18頒布表示カード」と「会場案内図」を22日に作成したはいいが、uragasenkyostaff_all に対し『各位ご確認ください』と送信したため、誰が最終確認者であるかを明示しなかった。要はもうこの時点で「代表確認しといてね」ではなかった。これに加え、翌朝にスミス@長野氏もまた代表でもないのにくろかい氏に対して『作業進捗について報告願います。』となど煽ったため、最終確認者が小川さんなのかスミス@長野氏なのかが一層不明瞭であった。

そして代表でもないスミス@長野氏に進捗を煽られたくろかい氏は、10月23日にはなぜか小川さんに対してこのようにキレる。キレる相手がおかしい。スタッフ間のコミュニケーションは最初から円滑であったとはとても言えなかったようだが、このように早くも著しく円滑さを欠くようになっていた。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0027] Re:【確認・要報告】サークル送付物スケジュールについて
From: くろかい <********@********>
Date: 2014/10/23 14:46
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

各位、お疲れさまです。
諸々ご報告遅くなりまして、恐縮です。

>長野さん
お疲れさまです

こちらからフォローし切れず大変申し訳ないです。
送付物については、合間を縫って現在も作成中です。
各進捗は以下になります。

・サークル配置図⇒作業中(会場案内図は確認依頼中)
・宅急便搬入搬出案内⇒作業中
・サークル搬入票⇒確認依頼中
・レイヤーさん案内⇒未着手
・R18関連案内(テキストは長野さんより送付のこと)⇒作業中
・R18机上表示票⇒確認依頼中

ステータスとしては以上となります。
本日深夜までであれば完了の見込みが立っていますが、修正箇所の可否を
代表よりまだ返答頂いていないので、最終稿にできるのかどうかまだ不明です。
その状況で、今夜印刷できるのかちょっとアヤシイかと思います。

>小川さん
作業について、小川さんの都合を含めて明日の告知も含めてお願いします。

あと今まで作った成果物の何点か、いいのか悪いのか、ちゃんと返事ください。
こちらもダメなら修正しないといけないので。
なので18日に今日作業と決めましたが、それは無理だと思います。

こちらの進捗の手前もありますが、明日の午後か夜に印刷と封入作業頂いて、
本局である横須賀中央郵便局のゆうゆう窓口に投函することはできますか?
これであれば24日投函(消印は25日)になるのと、こちらも何とか
作業完了させられる目処がつくと思うので、検討お願いします。

あと小川さんにひとこと言っておきます。

半分自分の言い訳になりますが、これ『ぶっこみ作業』です。
こちらも時間の合間を縫ってやっていること、それから何週間か掛かる
作業を無理矢理数日間で仕上げようとしているのは分かってますよね?
なので、必ず18日に打ち合わせた時間に完了できるとは限らないです。

昨日も進捗は午後上げたので、それを鑑みて小川さんの方からも
ちゃんとエクスキューズしてください。こちらのMLや掲示板できちんと
積極的に出て進捗を打ち合わせしてください。あなた代表でしょ?
こちらもリスケのお願いを出したかったりしますので、コミュニケーション
が取れていないとモノ作れません!お願いします。

あとこの作業、お金出ないですよね?出してもらえます?
お金の出る仕事を優先しないといけないのは分かりますよね?
私の方の新刊作業や、冬コミの打ち合わせ作業も全てストップしてます。
自動的に物事が進むと思わないでください、人間が作業してるので。

以上です
よろしくお願いします。

くろかい氏は威勢よく「ぶっこみ作業」「それから何週間か掛かる作業を無理矢理数日間で仕上げようとしているのは分かってますよね?」とは言うが、会場図面以外はそれほど大きな時間は掛からないはずの作業である。一部は参加案内に同梱しなくてもなんとかなるものも含まれている。スミス@長野・くろかい両氏は、たとえば「何を後回しにしていいか」という判断を全くせず、ただひたすら「進捗ゼロ」からはじまった虚構をもとに、小川さんをなじり続けていた。

事務経験がろくにないのに、他人に対しオーバークォリティを求めるというのはそれだけでもかなり心証は悪い。

さらにスミス@長野氏らが呼び込み続けたスタッフがこの段階で既に相当数が入り込んでいたため、これまでほぼ単身で作業をしていた小川さんにとってみれば多勢に無勢の状況がいきなり作り出されており、小川さんも作業の主導権を喪いはじめていたことを付記する。 この頃には「浦賀船渠ノ航跡」は、このスミス@長野氏らがほぼ乗っ取っていたと考えられる。

また、この段階でくろかい氏は自分で乗り込んできた割りに「あとこの作業、お金出ないですよね?出してもらえます?」と言い始めている。ここの一点だけでも心証はあまりよくはないのだが、彼はこのあと11月5日に『浦賀船渠ノ航跡』を直接蹴り倒す側に回り(詳細は後述する)、しかも11月9日の中止説明会の席上、「事前作業に関与していたスタッフであり、催事中止にかかる事案にも直接関わった」という重要な事実を一切明らかにしない上で 金銭等を要求していた という大変に問題がある行為に及んでいた。

中止説明会書き起こし(前半) から引用するが、下記の質問者は、実はくろかい氏当人であった。

  • 00:41:50

 

(司会)どうぞ

 

(質問者)いま出ていないんですが、出てないというか、あとで出るかもしれないんですが、私は、パンフレットのほうにイラストを載せさせていただいております。あとは、複数名、パンフレットのほうに、イラストを載せていらっしゃるサークルさんですとか、お頼みになったであろう、絵師さんのほうから、イラスト提供されていると思うんですが、他の、あと、チラシのイラスト、(音声不明瞭)さんだと思うんですけど、そういう著作物というか、制作物の方に、作品を載せられていた方の対応ってのはどうなるのか、その分ていうのは、もう何も特に賠償がないのか、補償がないのか、それとも何かしらの補償があるのか、っていう、何かあるのか っていうところの、お聞かせいただけないでしょうか。

 

  • 00:43:24

 

(無音)

 

  • 00:43:41

 

(小川)補償については、大変申し訳ないんですが、何もすることが、できません。

思い起こせば、くろかい氏は開催中止が明らかになった直後、「浦賀船渠ノ航跡について:参加サークルとしての見解」などというものを表していたところではあったが、彼は確かに参加サークルであるのは確かなのだが、前述のとおり最初から内部に入り込んでいて、ありとあらゆる事情を知る立場だった。ここで、彼の「見解」を改めて振り返ってみる。

くろかい:西住流友利奈緒@土曜東R37b on Twitter: "【浦賀船渠ノ航跡について:参加サークルとしての見解(1)】 11月9日(日)に横須賀市産業交流プラザで開催予定だった艦これオンリー同人誌即売会『浦賀船渠ノ航跡』について、当サークル『ズイカク』より現在知り得る情報と見解をお伝えします。" f:id:ktgohan:20150725230204j:plain https://archive.today/Q6e5Q (Internet Archive)

くろかい:西住流友利奈緒@土曜東R37b on Twitter: "【浦賀船渠ノ航跡について:参加サークルとしての見解(2)】 私は浦賀船渠パンフレットのイラストをお願いされていましたので、その繋がりからお伝えします。主催で代表の小川氏については、作業の進め方としてはかなり不安な部分がありましたが何とか入稿までは至ったようです。" f:id:ktgohan:20150725230207j:plain https://archive.today/62TkB (Internet Archive)

『パンフレットのイラストをお願いされていましたので、その繋がりからお伝えします。』いやそれ以上にもあったでしょ?

くろかい:西住流友利奈緒@土曜東R37b on Twitter: "【浦賀船渠ノ航跡について:参加サークルとしての見解(3)】 また会場は実際に借りられており、記録も産業交流プラザに残っております。スタッフについてですが、代表以外10月18日より運営として入っている方々は元々参加予定サークルであったり、一般参加を予定していた方々です。" f:id:ktgohan:20150725230209j:plain https://archive.today/3Cbea (Internet Archive)

『スタッフについてですが、代表以外10月18日より運営として入っている方々は元々参加予定サークルであったり、一般参加を予定していた方々です。』ええ、それはそうですね。問題はあなたもその一人というか最先発で中に入り込んでいた人だったわけですが。

くろかい:西住流友利奈緒@土曜東R37b on Twitter: "【浦賀船渠ノ航跡について:参加サークルとしての見解(4)】 また地元の艦これファンや同人をされている方々などの有志によります。それ以前について代表はスタッフ人員を自発的に殆ど集めず準備も全くなかったとの事です。ですので、厳密な意味では運営スタッフは小川代表一人と言う事になります。" f:id:ktgohan:20150725230211j:plain https://archive.today/L9TDD (Internet Archive)

いやあなたも中の人だったじゃないですか。今更他人ヅラですか。

くろかい:西住流友利奈緒@土曜東R37b on Twitter: "【浦賀船渠ノ航跡について:参加サークルとしての見解(5)】 10月18日以降問題が発覚し11月5日に中止になるまでは、有志の介入で無事に開催ができるにまでに準備を漕ぎ着けたようです。この事態を引き起こしたのは、ひとえに小川代表の未熟さによるものだと考えております。" f:id:ktgohan:20150725230213j:plain https://archive.today/5ewUt (Internet Archive)

小川さんが「未熟」だったとしても、このあと書きますけどあなたがた後乗り(というか乗っ取っていたようなものだった形)でやってきた人も軒並み七転八倒だったじゃないですか。おまけに『11月5日に中止になるまでは、有志の介入で無事に開催ができるにまでに準備を漕ぎ着けたようです。』ってめっちゃ他人ヅラですけど、あなた介入していた張本人じゃないですか。「ようです」って。それどうなんですか。

くろかい:西住流友利奈緒@土曜東R37b on Twitter: "【浦賀船渠ノ航跡について:参加サークルとしての見解(6)】 今回このような事態になり、私の代表の素性に対する与信が甘かったこと、私の精査が足りず今回の即売会を皆様へご紹介してしまったこと、深くお詫び致します。" f:id:ktgohan:20150725230216j:plain https://archive.today/1NON2 (Internet Archive)

くろかい:西住流友利奈緒@土曜東R37b on Twitter: "【浦賀船渠ノ航跡について:参加サークルとしての見解(7)】 また当サークルにてイベントチラシを少なくとも東京をはじめ大阪、札幌での即売会で配布してしまったこと、またそのチラシを見て浦賀船渠ノ航跡へ足を運ぼうとした方々、それらについても深くお詫び致します。" f:id:ktgohan:20150725230218j:plain https://archive.today/S9ND8 (Internet Archive)

くろかい:西住流友利奈緒@土曜東R37b on Twitter: "【浦賀船渠ノ航跡について:参加サークルとしての見解(8)】 なお明日9日の同じ横須賀市の衣笠で開催予定で当サークルも参加予定の『衣笠だけど浦賀の会』については浦賀船渠ノ航跡とは関係のない、地元の有志で開かれる即売会ですので予めご承知置き頂ければと思います。" f:id:ktgohan:20150725230221j:plain https://archive.today/mff5a (Internet Archive)

くろかい:西住流友利奈緒@土曜東R37b on Twitter: "【浦賀船渠ノ航跡について:参加サークルとしての見解(9)】 加えまして艦これの聖地とも言える横須賀の地で再び盤石な運営の元、新たな同人誌即売会が開かれる事を望むと共に、同人や二次元文化の根が尽いえぬよう、またその動きが今後の横須賀や同人文化の興隆の一助となるよう、切に願います。終" f:id:ktgohan:20150725230223j:plain https://archive.today/Q5TxZ (Internet Archive)

そうですか。その割には「中止」そのものが奇怪なものに終始したわけですが、その座組みを自分で放り投げておいて「新たな同人誌即売会が開かれる事を望む」なんて無理に決まってるじゃないですか。こんな奇怪なものがほったらかされたままで新たな即売会とか快くやれる人いるんですか。

…思いっきり中の人だったというのに、よくここまで他人ヅラして言えるものだと嘆息する。

10月22日頃:その2

浦賀船渠ノ航跡」開催中止に強く関与したのは5名であるが、うち4名(スミス@長野、くろかい、かぶ、バージル)がこの前後に出そろう。

バージル @virgil0621 氏は、横須賀在住という以外には特筆するプロフィールは確認できていない。

一方、かぶ @cubnet1344 氏は、滋賀県豊郷町で開催されている けいおん!オンリーイベントの主催団体である『「豊郷ティータイム」 所属のベテランスタッフ』という触れ込みで入り込んできていた。後日確認したところ、実際に「豊郷ティータイム」の幹部級スタッフであった。

10月24日

この頃、「浦賀船渠ノ航跡」に入り込んできていた人らが、人数で押すだけの烏合の衆であることが明らかになりはじめる。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0056] 【素材】宅急便搬入案内
From: くろかい <********@********>
Date: 2014/10/24 3:42
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

各位、お疲れさまです。

宅急便搬出案内の文書を作成しました。
各位、ご確認をお願いします。

ヤマト運輸(クロネコヤマト便)の営業所止置きサービスのページがありました。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/services/tomeoki.html

この説明によると受取人の本人確認が必要とのことですが、これは
代表受け取り(またはその代理人)と言うことで大丈夫ですか?

送り先の住所(横須賀本町センター)と氏名(11/09 浦賀船渠ノ航跡)
についてもご確認ください。

それでは、よろしくお願いします。

同人誌即売会における)宅配搬入の実務がわかっていればこんなことは口に出てこない。催事事務を理解していれば宅配搬入即ちセンター留めは前提であるし、そして「この説明によると」などというまでもなく、宅配業者は荷物を置いていくだけだし、伝票へのサインは受け取った人のサインかハンコである。むしろセンターコードは何を書くのか? 等のほうが重要である。(センターコードや配達希望日欄等は、支店・センターによって取扱が異なることがあるので、最初に確認しておかないとたまに罠にはまる。)

また、当日のコスプレ案内でもおかしな話が出始める。下記はスミス@長野氏と共に入り込んできて、のちに「浦賀船渠ノ航跡」スタッフ統括という立場になるかぶ氏の発言である。前述のとおり、彼は「豊郷ティータイム」のベテランスタッフである、というかどで入り込んできたのだが、その割には出オチに近いことをやらかす。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0063] Re: 【素材】コスプレ案内
From: かぶ <********@********>
Date: 2014/10/24 7:59
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

くろかいさん

お疲れ様です。
かぶです。

内容につきまして、ほぼ問題ないと考えます。
改めて、お時間ありましたら最終版作成前に、ケットコム「横須賀鎮守府」のレギュレーションと
浦賀船渠Webサイトと突き合わせて、矛盾・齟齬が発生していないか確認をお願い致したく。
締め切りまでに下名が確認対応出来なさそうなので先に申し上げておきます。

細かい点ではありますが、
小物について のところにおきまして
また明らかに・・・という文言が「また明らが」に見えるのは、フォントの問題でしょうか?

再度言葉尻や誤字脱字につきましてチェック頂ければ幸いです。

以上、よろしくお願い致します。

浦賀船渠ノ航跡」と人的交流も含め一切関係がないケットコムのレギュレーションと合わせる必要がなぜあるのかという説明は、この後も一切なかった。また、これまでにケットコム横須賀市内で開催した同人誌即売会横須賀鎮守府」は開催場所が横須賀市文化会館であり、そもそもハコが違うしあまつさえ施設管理者すらも異なる。*1 なのにコスプレルールの矛盾・祖語もあったものではない。そこの確認もせずに合わせろというのは本来乱暴にも程がある。

そもそも、この「レギュレーション」も、作成の経緯はこんな有様であった。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0057] 【素材】コスプレ案内
From: くろかい <********@********>
Date: 2014/10/24 5:33
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

各位、お疲れさまです。

コスプレの案内について作成しましたので、各位確認ください。
どうぞ、よろしくお願いします。

 

Subject: [uragasenkyostaff_all:0064] Re: 【素材】コスプレ案内
From: smithnagano <********@********>
Date: 2014/10/24 8:25
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

>かぶさん
確かに「明らが……」になってますね。。。
すいません。見落としです。

なお、本文章はけっとこむ主催「横須賀鎮守府」のレギュレーションを参考に作成した為、
概ね準拠しているものと思います。

以上です。

@iPhone

 

Subject: [uragasenkyostaff_all:0123] 【展開】コスプレルールについて
From: スミス@長野 <********@********>
Date: 2014/10/26 23:24
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

>各位
お疲れ様です。長野です。

本日展開を忘れた資料について、以下に展開いたします。

「横須賀鎮守府四」(けっとこむ主催)のパンフレットに記載された
コスプレルールについて添付し送付いたします。


当即売会におけるコスプレのレギュレーションは、少なくとも書類上において
上記「横須賀鎮守府」に準拠する形であると考えています。

以上、ご確認ください。

スミス@長野氏もくろかい氏も、ケットコムが作成した資料を孫引きで作っていたと自白しているようなものであり、このあと問題になる「権利関係」については、彼らも実は小川さんのことを全くとやかく言える状態になかった。 そもそも「余所んちのを(勝手に)参考にしました」とか、あんまり言うものでもない。

勝手に「準拠」されたケットコムもいい迷惑であろう。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0167] Re: 【展開】コスプレルールについて
From: かぶ <********@********>
Date: 2014/10/28 8:01
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

各位

お疲れ様です。
かぶです。

コスプレのレギュレーションにつきまして、ケットコム「横須賀鎮守府」に
準拠する方針で賛成でございます。

艦これというジャンルにおいての懸念事項は、大型艤装についての対応となります。
横須賀市文化会館はホールが広く、通路にも余裕がありましたが
産業交流プラザは余裕幅が小さく、その場に居る全員が迷惑を被る可能性があります。
(艤装を背負っている人含めて)

特に開場直後は研修室2部屋への立ち入りはご遠慮頂く、
もしくは交流サロンのみで活動して頂く等の対応が必須であると考えます。

研修室に行かれる際は艤装を解除して・・・、ということになりますが、
その艤装をどうするか?という問題が出てきます。
スタッフ人員が確定できていない中、そこをどうするか検討する必要があるのでは
ないかと思います。

以上、よろしくお願いします。

横須賀市文化会館はホールが広く、通路にも余裕がありましたが産業交流プラザは余裕幅が小さく、その場に居る全員が迷惑を被る可能性があります。(艤装を背負っている人含めて)』

…だったらなおさら「準拠」してはよくないはずだが。これで「幹部スタッフ」とか臍で茶が沸きかねない。

10月25日

サークル参加案内の発送完了。

10月26日・その1

この日に2回目のスタッフ会議が開催される。

この時点でスタッフ会議に参加していた人数だけでも15人に上っており、スミス@長野氏主導で野放図に人がかき集められていることがわかる。

10月26日・その2

今度はスミス@長野氏がいらんことをし始める。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0120] 【展開】近隣コンビニ告知用文書について
From: スミス@長野 <********@********>
Date: 2014/10/26 23:00
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

>各位
お疲れ様です。長野です。

議事録に先行し、取り急ぎ必要な文書を展開いたします。
本日のMTGにおいて、搬出を依頼する際案内する可能性の高い近隣コンビニに対し、
確実にオーナー・店長などの権限を有する人物まで情報を到達させるため、
口頭にて告知を実施すると共にレターを残すことといたしました。

つきましては、私がレター文案を担当することとなったため、以下に文案を投下いたします。
レビュー等、お願いいたします。

>**様
申し訳ありませんが、直接折衝のご担当、よろしくお願いいたします。


<以下文案>
-------------------------------------------------------------------------
店長様
オーナー様


お忙しい中、失礼いたします。
私共は同人誌即売会『浦賀船渠の航跡』スタッフと申します。
本日は貴店店長様・オーナー様へお願い申し上げたく、来店させて頂いた次第です。
何卒、本文をお目通し頂きたく存じます。


さて、はじめに「同人誌即売会」というものについてご説明したく思います。
「同人誌即売会」とは、端的に申しますと「漫画・アニメファン達が集まり、
自費出版の本を売る即売会」となります。
(これまで、横須賀市内では横須賀市文化会館などを会場として開催された実績があります)
今般、貴店の近くにある「横須賀市産業交流プラザ」を会場をし、
来る11月09日にこちらのイベントを開催する運びとなりました。

つきましては、当日貴店に当イベントの参加者が多数来店し、また荷物の出荷を
ご依頼する状況が発生することが想定されることより、
ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご配慮いただきたく、事前にお願い申し上げる次第です。


何かございましたら、下記連絡先までご連絡いただければと存じます。
それでは、失礼いたします。

<以下代表連絡先署名>
-------------------------------------------------------------------------
<以上文案>


以上、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

何度でも言うが、「浦賀船渠ノ航跡」の開催規模は56サークルであり、そんなに大きなイベントではないし、搬入量もそれに伴ったものである。それを、こんなものを周辺に撒き散らすとか針小棒大にもほどがある。自分が言うのもなんだが、一歩間違えればただの怪文書だ。

f:id:ktgohan:20150419204932j:plain (左の建物は、「浦賀船渠ノ航跡」会場になる予定だった横須賀市産業交流プラザが入居する「ベイスクエアよこすか一番館」。)

10月27日・その1

サークル参加案内が二重送付されたとの問い合わせあり。逆に、未発送となったサークルが発生していたことが類推される。(後日、実際に1サークルから参加案内未着の申告があった)この件は11月3日に対応完了。

この頃、本部で販売するグッズの話がMLにて交わされる。

10月27日・その2

いらんことをし始める人がさらに現れる。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0137] 【展開】ヤマト運輸搬入/出について&「浦賀工場105年の歩み」
From: トリック★スタァ <********@********>
Date: 2014/10/27 22:33
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

各位お疲れ様です。

掲題の件、進捗状況の展開です。

【ヤマト運輸との交渉】
現在、ヤマト運輸担当**様と交渉中です。
搬入について2点のボトルネックが有る為、本日は回答待ちとなりました。
結論から、最も理想とする11/9の9:00~の搬入について条件次第では可能となりました。
問題点として、
①荷物の総数が分からない
②荷物総数が通常車両で運送出来ない量になった場合の4t車が手配出来るか。

やはり①が非常に問題で、ギリギリまで状況が予測出来ない為、
本日全てを決定出来なかった要因となってしまいました。
現在、②の通り11/8荷積みの時点からフリーの4t車が有るか確認して頂いています。
・荷物が少なく、通常の車両で運送が可能
・荷物が多くてもフリーの4t車が有る
この場合、11/9の朝一搬入が可能となります。

但し、上記は前日の夕方に車両をコントロールすると言う
運送会社として非常に面倒な作業を強要してしまう為、
双方妥協案として11/8の20:00以降に横須賀産業プラザに搬入と言う案を提案しました。
これはほぼ確実にOKです。
11/8夜に建物1Fでの荷物番、3Fへの移動係の2人がいれば作業が終わります。
(移動係は自分やりますから、事実上必要人工は見張り1人かなと。)
今回、**様にかなり好印象を持って貰えましたので、
次回イベント時の流通etc・・・将来性を考慮しますと11/8夜間案が良いかなと
思いますが如何でしょうか。

11/9の搬出については
あのエリアがベース付近の渋滞のおかげで2度の集荷が難しいとのことでした。
そこで、自分の過去の経歴を説明して、こちらで荷物の受領をしても良い許可を頂きました。
「運営で荷物を預かって、控えをお客様に渡すことが可能になった」と言う状況です。
置き場の問題が有るので確定としていませんが、可能ならばお客様、ヤマトの共にストレスに
ならない理想のスタイルかなと思います。
●おおまかな流れとルール
 ・着払い限定で運営でクロネコヤマトの集荷可能な旨を通知
 ・荷物受付は12:00~(ぐらいで良いでしょうか?)
 ・荷物を受領&金額等簡単に説明
 ・荷物は保管可能箇所で保管
 ・15:30頃ヤマト集荷
問題は保管スペースと窓口係。
窓口は誰でも出来る作業ですが、一から説明するなら今回は自分がメインでやるのが
良いのかなと。
今回で覚えて頂ければ、次回からは誰でも出来ると思います。
この案がNGの場合は理想的な集荷体制を**様と打ち合わせになります。

【浦賀工場105年の歩み】
伯父が持ってるそうです。もし家で見つからなくても住友の社内資料で有るので貸して
くれるそうです。
現在、発掘作業中とのこと。

何かございましたらお気軽にご意見、お問い合わせ願います。

以上、長文失礼致しました。

Trick★Star ****

(注: ヤマト運輸側担当者名の実名が記載されている箇所はマスクしている)

いつの間にかヤマト運輸との交渉役になっていたのがこの トリック★スタァ氏 (@trick_D_star) であるが、「①荷物の総数が分からない」「②荷物総数が通常車両で運送出来ない量になった場合の4t車が手配出来るか。」などという余計なことを言い出し、このためこの日fixするはずであったであろうヤマト運輸との交渉がfixしなくなった。この話は尾を引いてしまい、トリック★スタァ氏が 「双方妥協案として11/8の20:00以降に横須賀産業プラザに搬入と言う案を提案」した結果、この開催規模では通常は考えられない 前日搬入 という、おかしな話が飛び交う原因になった。(このため、11月8日の夜間扱いで会議室をひとつ追加で取るという、明らかに無駄なコストが発生してもいる。)

何度でも同じことを言うが「浦賀船渠ノ航跡」の開催規模は56サークルである。2t車で十分だし、状況によっては1t車も有り得る。それを「4tが必要かもしれない」と言い出したわけで、つまるところ「浦賀船渠ノ航跡」に入り込んでいた夜郎自大はひとりふたりではなかった のである。

このトリック★スタァ氏は、この数日後にとんでもないことを言いだす。

10月28日

この日はいらんこと多数であった。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0165] Re:【展開】ヤマト運輸搬入/出について&「浦賀工場105年の歩み」
From: バージル <********@********>
Date: 2014/10/28 7:34
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

バージルです。

2点Resします。

・搬出荷物保管場所
私は特別会議室かなと思います。
あそこは「通路」として確保しましたので、スペースが余っています。
最悪、寄せてある机を使って保管スペースと通路を区切ればいいのではないかと思います。

・コンビニへの連絡の件
**さん、お疲れ様です。
私もこれはやっていただくべきかと思います。
もちろんプライオリティは下げていただいてかまいません。
コンビニへの大量の荷物搬入がなくなっても、イベント開催により多くの人が周囲に来ることは
まあ間違いないかなと。
となると、周囲にはやはりなにかと迷惑がかかるものです。
あらかじめ告知しておくことが、それらの緩衝材となり、今後のイベント開催の時に活きてきます。
お疲れのところ申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

以上です。

横須賀の同人者って、近くのコンビニから荷物出しちゃうような人がそんなに多いのだろうか?

このように、夜郎自大が続々現れる上に誰も止めないので、この頃には何をやるにしてもいちいち大袈裟になってきていた。主催が主導権を持っているどころの騒ぎではなく、ありとあらゆるコミュニケーションが疲弊していく。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0172] Re: 【展開】ヤマト運輸搬入/出について&「浦賀工場105年の歩み」
From: トリック★スタァ <********@********>
Date: 2014/10/28 10:49
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

皆様
お疲れ様です。

本日の午後にヤマト運輸様と連絡を取る予定です。
先方の都合も考慮して確定出来る事項は確定させる予定です。
内容は以下の3点
・搬入→11/8(土)20:00~20:30に産業交流プラザへ配送
・搬出→11/9(日)15:45~16:00集荷、お客様からの荷受は運営にて代行
・11/1(土)に挨拶を兼ねて着払い伝票等を受取に伺う

搬入は先方の配車問題と渋滞と言うリスクを回避しつつ、こちらの人員と作業内容のウェイトを
最も減らした結論として提示しようと思います。

搬出はこちらで荷受が出来れば運送会社、お客様のストレスがかなり減る事、
保管スペースも特別会議室にパーテンションか何かを建ててスペース確保と言う選択肢ができま
したので行けると判断させて頂きました。
尚、産業交流プラザへの連絡は規模的に事後報告で問題無いと判断しております。

今日か明日で決める予定ですので、些細な事でも懸念事項がございましたら
ご連絡を頂けると助かります。

以上、よろしくお願いします。

Trick★Star  **

そして「前日搬入」がこの日も当然のように語られ始める。もはや「誰か止めろ!」としか言いようがないのだが、既に夜郎自大の集まりが小川さんを取り囲んで好き勝手やっているような状態であったため、下手に口を出すと小川さん自身が集中砲火を浴びることが火を見るよりも明らかであった。開催日までもう残された日程もなく、この時点で主催としての強権を発動するというのもあまり現実的ではなかったと思われる。

なお、上記のメールにも彼らの実務経験のなさはふんだんに現れており、『お客様からの荷受は運営にて代行』なんてのはやってはいかんのである。これは単純な話で、ヤマト運輸と取扱店業務契約してないのに取扱店の仕事(荷受)をしちゃだめなのだ。やっていいのは、着払い伝票が貼られた荷物を預かってドライバーに渡すことだけ。

結局「搬入」は当日朝に行われることになるが、いらん仕事をした人たちはこの件について何の反省の弁も述べることはなかった。

この頃の小川さんはカタログの編集などに追われてもいたが、何をやるにしても大袈裟に物事をあらわす人たちとのコミュニケーションにも疲弊しきっていたと思われる。

11月1日

この日3回目のスタッフ会議が行われる。この頃にはスタッフの人数は10月29日の時点で(スミス@長野氏が把握しているだけで)22人という規模に膨らんでいた。スタッフ会議の参加者だけでも17人であり、野放図にもほどがある。

ところが、下記によるとスミス@長野氏は この期に及んでもまだスタッフを増やそうとしていた。 もう一度言うが、野放図にもほどがある。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0233] 【周知】 「浦賀船渠の航跡」スタッフ周知MLの開設について
From: スミス@長野 <********@********>
Date: 2014/11/02 18:13
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

>各位

お疲れ様です。長野です。

本件昨日mtgにて話忘れてしまった内容となり、事後のお話となってしまうことを
ご容赦ください。


当日まで残り1週間となりましたが、当日は各所から
当日スタッフとして応援に駆けつけてくれる、という話があります。

情報展開の範囲のコントロール、当日スタッフ参加される方々への事前情報展開等を
考えた時、現在のMLを継続して運用した場合、所々の問題があることが想定されます。

そこで、掲題の通り、本MLとは分割する形で「「浦賀船渠の航跡」スタッフ周知ML」
(urg_stf_announce@freeml.com)を開設いたしました。
本ML参加メンバーは引き続き、上記MLへも登録させて頂きたく存じます。

なお、現在進行中の案件については、当MLにて継続して話をしていく運用に
なるかと思います。
新たに開設したMLについては、当日参加スタッフに方々に対する情報の周知展開が
主たる機能になるかと思います。


各位におかれては煩雑になってしまいお手数をお掛けすることもあるかと思いますが、
何卒ご理解ください。


以上、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

いちいち言うことも仰々しさを増し、そして関わる人数が野放図に増える。しかも中核にいるのは、「浦賀船渠ノ航跡」をいわば乗っ取るような形で入り込んできていた夜郎自大ばかりときた。もはやこの段階ではまともな統制がとれているわけがないのだが、本人たちにはその自覚が最後までなかったようである。

なおこの日、「周知ML」と呼ばれたもうひとつのメーリングリスト urg_stf_announce が作成される。(urg_stf_announce については、前回記事 「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 urg_stf_announce について - ktgohan blog を参照)

11月3日

小川さんが印刷会社へカタログ原稿を入稿する。また、 urg_stf_announce に最初のメールが送信される。

また、前述のサークル参加案内の誤発送もこの日解決し、この日でいったん事前準備はヤマを越したことになる。

ところが、「浦賀船渠ノ航跡」はこの次の日から壊されはじめた。

11月4日: 一度目の不当要求が行われる

「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 urg_stf_announce について - ktgohan blog でも触れたが、カタログの「写真」についてスタッフ内部から疑念が呈されたのが、この11月4日である。この送信者がトリック★スタァ氏であった。彼は送信先を間違えた(周知MLへ流した)ため、スミス@長野氏が uragasenkyostaff_all へ転送する。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0260] 【確認】パンフの写真について
From: スミス@長野 <********@********>
Date: 2014/11/04 17:55
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

本件、周知MLに流れた為、一旦削除したのち本MLにて再送します。

--

小川さん
パンフの内容を見ていてふと思ったのですが、
P6のレンガドックの写真は転載許可ってどこかから得てますでしょうか。
浦賀ドック内の写真についてルールが
「敷地内公開時は写真撮影OK、ただし、WEB転載と商業目的利用はNG」
となっております。
仮にこのページの写真が個人で撮影したものだとすると
同人即売会の運営は商業目的の組織(だと思う)で掲載NGかと。
「浦賀工場105年の歩み」から抜粋でも許可を得ていないと
それはそれで問題が有りそうなんですが…
P4はぼかしが入っているのでギリギリセーフだと思います。
(以前、同じ様な使用をしていた方がいらっしゃいました。)

流石に無許可って事は無いですよね。
念の為の確認です。

**

実際には 無許可でよかった のは 「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 urg_stf_announce について - ktgohan blog でも触れたとおりである。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0264] Re: 【確認】パンフの写真について
From: 小川健佑 <********@********>
Date: 2014/11/04 21:22
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

>**様

しいて言えば許可は取ってませんね…。

取り急ぎ、パンフの印刷料金はすでに支払い済みの上、進捗が印刷中に
なっているため印刷代金は全額返却されませんが
パンフレットの方をキャンセルしたいと思います。

小川

あえて言えば、ここは小川さんのミスのなかでも一番大きなものであった。小川さん自身に著作権法46条(建築物を写真にて複製する場合は許可は不要)の規定についての知識がなかったため、「トリック★スタァ氏の言う通り危ないのであれば、下げる」という選択をしてしまった。開催日まで時間的な余裕がなかったので、判断は早めがいいという考えもあったのかもしれない。

だが小川さんにとってはこれが裏目に出る。トリック★スタァ氏らが、これをテコにして、小川さんにおかしな要求を突き付け始めたからだ。

まず、状況は下記のようにエスカレートした。スミス@長野氏が「差し替え」が可能かどうか提案する。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0265] Re: 【確認】パンフの写真について
From: Nagano Smith <********@********>
Date: 2014/11/04 21:27
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

>小川さん

勿体ないので、ページ削除・差し替えで対応できませんか?

また合わせて、これをキャンセルとした場合、サークル配置図及びリストについてwebでの
事前公開並びに
当該部分だけでも印刷し、希望者へ配布する必要がある旨、ご承知おきください。

取り急ぎ以上です。

とは言うものの、スミス@長野氏はそこから10分も経たずにあまり現実的ではない解決策を押し込んでくる。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0266] Re: 【確認】パンフの写真について
From: Nagano Smith <********@********>
Date: 2014/11/04 21:36
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

パンフについては、以下の対処を考えます


・印刷所に泣きついてのページ差し替えまたはページ削減
・前夜、人海戦術のでの紙貼りによる修正(400部……でしたっけ?)
・発行キャンセル

できうる限りの可能性を考慮したうえで、キャンセルをかけるのは「最悪の選択肢」であると
考えます。

ただし、最終的には発行責任者たる小川さんがご決断ください。


本件について、私が言えることは以上です。

ついでに言うと、ここはスミス@長野氏にも法46条の知識がないことが露呈した箇所でもある。そして、ここまでは曲がりなりにも「浦賀船渠ノ航跡」が開催されるよう前に進んでいたはずの人物たちの針の向きが、このあたりから一気に逆方向を向き始める。

おかしな話は、さらにおかしな方向に槍を向ける。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0267] Re: 【確認】パンフの写真について
From: トリック★スタァ <********@********>
Date: 2014/11/04 22:22
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

今、住友の叔父に確認取りました。

住友と言うより造船業界全てに該当する話しで、
国外(特に韓国、中国)に情報が漏洩する事は絶対的な禁忌の為、
いかなる理由でも住友重工に帰属する物件の写真や資料の無断掲載は
著作権違法により訴訟対象となるそうです。

許可は東京の住友重工の本社広報部に承認願を出すそうですが、
稟議等含めて数ヶ月は掛かるとのこと。
(現在、横須賀市が別件で申請しているが3ヶ月くらい待たされてるそうです。)
横須賀市の船舶関係者なら誰でも知っている常識だそうで、
市の広報課の人間に見られよう物なら一撃必殺みたいです。

コミケのようなわいせつ物のNGとかの次元では無いので、
紙張りやマジックで消すはダメみたいです。
ページ削除か発行停止しないとまずいと助言を頂きました。

以上を踏まえてご判断頂ければと思います。

今から、対象ページをもう1回確認します。

**

夜郎自大な振る舞いをしていた連中が、「虚言」という牙をも剥き始めた瞬間であった。なにが住友の叔父だ、なにが「住友と言うより造船業界全てに該当する話し」だ、なにが訴訟対象だ、なにが絶対的な禁忌だ、と一笑に付するのが正しい対応であったと思うのだが、小川さん以外のスタッフら、特にスミス@長野、くろかい、かぶ、バージルの四氏がこれに全力で乗っかり始める。

これは余談であるが、東京・大崎にある住友重機械工業(SHI)本社には「広報部」というセクションが存在しない。企画本部コーポレート・コミュニケーション部がそれに相当する組織であり、その前身は同IR広報室である。トリック★スタァ氏がもうひとつ語るに落ちるのが、SHIのことを「住友重工」などと略したことだ。通常は略しても「SHI」「住友重機」「住友重機械」、無理矢理略しても「住重」である。彼はまるでSHIとの付き合いがあるように吹聴したが、この一点をみても氏とSHIとの関係性については、相当の部分(または全部)が、騙りであると考えてよいだろう。

そして、ここから「浦賀船渠ノ航跡」を取り巻く状況は一気に悪化する。トリック★スタァ氏はそこから一時間も経たずに「著作権違法対象」などと言い出し、小川さんが編集した「浦賀船渠ノ航跡」のカタログが、あたかも法に触れているかのようにスタッフMLに吹聴した。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0269] Re: 【確認】パンフの写真について
From: トリック★スタァ <********@********>
Date: 2014/11/04 23:17
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

著作権違法対象になりそうな所をピックアップします。

P2の写真・・・浦賀ドックの写真である事が確認出来るのでおそらくNG
P4のイラスト背景・・・前述の通り、ぼかしが利いているので大丈夫だと思うが微妙
P6、P7、P8、P9・・・全写真がNG・地図と資料・・・住友重工帰属資料からの抜粋ならNG(自作なら可)
P30・・・浦賀ドックの旗が著作権対象
P1,3,4,5,18,19,20,21,22,26,27,30・・・浦賀船渠のエンブレム(UDC)が著作権対象

以上、17ページが著作権の対象(若しくは被疑有り)となります。

**

後日小川さんに照会したところ、写真等は小川さんが自分で撮ったものであり、撮影データも手許にあるとの回答を得た。これであれば法46条の観点では何も問題がない。本当はこの確認を最初にやるべきなのだが、誰もがこれを怠ったか、無視するかたちをとった。要するに、彼らは最初から「問題」ありきで話を組み立てており、「問題」とされたことを真摯に検討した形跡もなかった。

そもそも「著作権違法対象」ってなんだ、こんな珍妙な新語を繰り出す奴を連れてきたのは誰だ、連れてきたやつが責任をもってつまみだせ、というのが正しい対応であるはずだ。が、今度はくろかい氏がこうのたまった。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0271] Re:【確認】パンフの写真について
From: くろかい <********@********>
Date: 2014/11/05 0:18
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

各位、お疲れさまです。

>小川さん、各位
印刷について、以前に京都のグラフィックを使用しているとお聞きしました。
ステータスとして現在印刷が進行中とのことですが、印刷所の原稿校正段階は
過ぎたと言うことでしょうか?

直接グラフィックに電話をして頂き、現在の正確なステータスの確認を行って
頂くようお願いします。また今後の対策や対処を全体で考える為に、印刷の
仕様を改めて詳細に公開ください。綴じ方、ページ数(32ページでよいで
しょうか?)、判型(A版だったと思います)、納期日数、使用の紙、部数の
以上をお伝え願います。

原稿の修正を行う場合、グラフィックの場合は基本的に差し替えができない
ので、一端キャンセルをして発注をリセットした状態にしなければならない
と思います。印刷のステータスが現在校正段階の場合は、一旦キャンセルを
して更に短納期で入稿するのも手だと思います。

グラフィックでの印刷ステータスが既に変更できない場合は、誌面修正か
誌面の物理的削除(中綴じ印刷なので該当ページを含む4ページ分の間引き)
が考えられると思います。

写真自体の流出がNGとのことなので、商業利用であるなしに関わらず無料の
配布も出来ないと思われます。印刷の工程に入ってしまっている場合は到着後
のフォローのみ有効となりますので、白塗りか物理的削除のみが方策となると
思います。

白塗りはどの程度が該当箇所になるのかにもよりますので、今のところ定か
ではありませんが、相当数に上ると思われますので作業人員を相当数準備した
ところでかなりの時間が掛かるものと思われます。8日に冊子が到着するとの
ことなので、8日夕方頃から作業をしたとしても作業完了が深夜になる可能性
は否定できず、他作業や前日全体打ち合わせなどの絡みも考えると、個人的
には余り現実的とは思えません。

またもし発行や頒布自体をキャンセルした場合、イラストや素材の提供を募集
に応じた作家さんへの対応も考慮に入れておいてください。事前の対応は勿論
のこと、当日来られる方には直接個別の対応が必要になるかと思います。

それでは、よろしくお願いします。

で、彼は結局のところここで何を求めているのだろうか、と思うと、うすら寒さすら感じる。この後起きたことを考えると。

11月5日・未明

そして、トリック★スタァ氏はさらにエスカレートする。日付は変わって11月5日である。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0273] Re: 【確認】パンフの写真について
From: トリック★スタァ <********@********>
Date: 2014/11/05 1:10
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

>>小川さん
 あと、消せるならHP上の「UDC」のエンブレムを消した方が良いと思います。
 エンブレムについては本社総務部が忙しかったらスルーするかもしれないけど、
 暇なら金(賠償金)になるから訴えるって言ってました。

 あと、写真資料のHP使用について。
 数年前の社内コンプライアンスが固まっていない時のものはやむえずスルー
 しているが、
 ここ昨今でアップされた写真は原則見逃さないみたいです。
 (10/18に浦賀ドック内を見学した際も案内人にかなりうるさく言われました。)
 HP内「イベント概要」の左上にあるレンガドックの写真がかなりやばいです。
 これだけは早急に変えた方が良いかと。
 右上の写真はクレーンが生きている古い写真ですが、念の為差し替えた方がよろしいかと。

 フライヤーのエンブレムもまずいです。
 HP上でDLはストップして、画像はエンブレムを削除修正出来るなら修正してアップ、
 無理なら削除。
 フライヤー自体は配布を停止、設置箇所から全回収、出回ってしまったものは
 仕方無し(住友総務関係者に見られない事を祈る)。

 普段、のんびりしてる叔父が話しを聞いてからピリピリし始めたのでこのまま
 放置は相当危険な気がします。
 可及的速やかな対応をおすすめします。 
 今回、パンフレットについてイベント、組織名等は出さず、
 「まだ印刷されていない草稿データを見て気付いたから確認なんだけど・・・」
 と切り出してします。HPの話しはしていませんが、
 「印刷物は印刷前に直せ、HPに上げてるなら総務にバレる前に消せ。」と
 助言されました。

**

「暇なら金(賠償金)になるから訴える」って、そんな発想がどこから出てくるのだろうか。ここまでくれば完全に不当要求そのものである。

このように、あきらかに常軌を逸したメールが送信されてから約1時間半後、スミス@長野氏、くろかい氏、かぶ氏が連名で「撤退」を告げるメールを uragasenkyostaff_all へ送信した。【緊急】と真っ先に記されたメールに名を連ねた彼らは、この「要求」に何らの疑問をはさむことはなく、むしろこれを待ってましたとばかりに「浦賀船渠ノ航跡」の組織を蹴り倒しに掛かった。

ここから、「浦賀船渠ノ航跡」の組織が壊されはじめる。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0275] 【緊急】スタッフ撤退について
From: スミス@長野 <********@********>
Date: 2014/11/05 2:27
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

>各位
お疲れ様です。長野です。
必読願います。


[uragasenkyostaff_all:0273](http://www.freeml.com/uragasenkyostaff_all/260/latest)にて
指摘されたように、本件について
重大なコンプライアンス違反があったことが明確となりました。
本件は、我々スタッフの身を守るため、ひいてはイベントの存続そのものに関わるものであると
判断いたします。


>小川様
今まで本イベント準備に深く関わってまいりましたが、流石にこれ以上関わることは我々の身の
安全、社会的立場といったものに関わってまいります。

よって、少なくとも私を始めとし、私どもが声かけをしお誘いしたスタッフにおいては、本件より
撤退いたしたく存じます。

2014年11月6日、24時をもって本MLおよび周知MLを閉鎖いたします。
これまで作成したドキュメントによってイベントの運営は可能と存じます。
本件に関わり作成した資産及び責任について一切放棄いたします。

また、本イベントについて居酒屋信濃様、鎮守府に着任しました!準備会様、神戸かわさき造船
これくしょん様、およびフライヤー配布・設置店舗様、及び関係各位においては、代表の責任に
おいて、ご対応願います。


>スタッフ各位
今後につきましては、皆様のご判断にお任せいたしますが、以上の通りです。
皆様の身を守る為、これが最善とご理解ください。
金銭的、時間的負担をお掛けし大変申し訳ございません。
補佐とはいえ運営に関わったものとして、伏してお詫び申し上げる次第でございます。
大変申し訳ございません。


以上、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

2014.11.05

スミス@長野
かぶ
くろかい

拝

さらにその約1時間後、周知ML(urg_stf_announce)に対してかぶ氏が同様の内容を送信する。

Subject: [urg_stf_announce:0003] 【緊急】スタッフ撤退について
From: かぶ <********@********>
Date: 2014/11/05 3:40
To: urg_stf_announce@freeml.com
Reply-to: urg_stf_announce@freeml.com

>各位
お疲れ様です。かぶです。
必読願います。


当該イベントにつきまして、重大なコンプライアンス違反があったことが明確となりました。
本件は、我々スタッフの身を守るため、ひいてはイベントの存続そのものに関わるもので
あると判断いたします。


>小川様
今まで本イベント準備に深く関わってまいりましたが、流石にこれ以上関わることは我々の
身の安全、社会的立場といったものに関わってまいります。

よって、少なくとも私を始めとし、私どもが声かけをしお誘いしたスタッフにおいては、
本件より撤退いたしたく存じます。

2014年11月6日、24時をもって本MLおよび周知MLを閉鎖いたします。
これまで作成したドキュメントによってイベントの運営は可能と存じます。
本件に関わり作成した資産及び責任について一切放棄いたします。

また、本イベントについて居酒屋信濃様、鎮守府に着任しました!準備会様、神戸かわさき造船
これくしょん様、およびフライヤー配布・設置店舗様、及び関係
各位においては、代表の責任において、ご対応願います。


>スタッフ各位
今後につきましては、皆様のご判断にお任せいたしますが、以上の通りです。
皆様の身を守る為、これが最善とご理解ください。
金銭的、時間的負担をお掛けし大変申し訳ございません。
一スタッフとはいえ運営に関わったものとして、伏してお詫び申し上げる次第でございます。
大変申し訳ございません。


以上、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

2014.11.05

かぶ
スミス@長野
くろかい


拝

ここで言う「重大なコンプライアンス違反」も、当然捏造である。

そしてもうひとつ。後述するが、ここでスミス@長野氏、かぶ氏が宣し、中止説明会でも彼らが散々能書きを垂れていた 「撤退」も、捏造 であった。一般のスタッフらは知る余地もなかったようだが、実は中心人物たる彼らは「撤退」していなかったのである。

11月5日・朝

夜が明けて、今度はバージル氏が下記のメールを送信する。この頃から、「カタログ」そして「Webサイト」の二点に矛先が向いていることがわかる。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0279] 【超重要】【緊急】今後の対応について(主に小川さん)
From: バージル <********@********>
Date: 2014/11/05 7:30
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

重大なコンプライアンス違反が発覚した件について、今後対応が必須なことを思いつく限り
書いておきます。
各位におかれましては、不足していると思われる点について補足願います。

>小川さん
これは、あなたのために書くものです。
当事者意識を持って確実に履行してください。
そうしないと貴方の身に災厄が降りかかります。
また、場合によっては当日参加するサークルの皆さんにも影響を与える可能性がゼロでは
ありません。
よく肝に銘じてください。

1.イベントHPの削除
 コンプライアンス違反が多くのページにわたっているため、1つ1つ修正していたら間に
合いません。
いったん全削除してから、構築し直してください。
**さんの叔父様の状況から推測するに、場合によっては今日にもHPが住重総務に発見
されるかもしれません。
発見されてからでは遅いので、とにかく大至急、仕事を休んででも削除してください。
現在、「浦賀船渠ノ航跡」HPは「浦賀船渠」でGoogle検索した場合、トップに来るように
なっていることを留意してください。
(それだけ発見されやすいということです。)

2.フライヤーの回収
各所に配置していただいたフライヤーをこれ以上拡散させないために即刻回収しましょう。

3.イベントHP再構築
問題の写真や浦賀船渠KKの社章を排除し、Twitterロゴを正しいモノに直した
新たなHPの構築が必要です。

4.パンプ製作の停止
印刷所にキャンセルの連絡を入れて、印刷を止めましょう。



以上、重要度が高いモノから順に書いたつもりです。
とにかく、急いでやりましょう。

(本文中: **さんの叔父様:トリック★スタァ氏の叔父を指す。)

この時点ではバージル氏は、本文中では「浦賀船渠ノ航跡」の開催そのものには反対していないが、「開催まであと4日しかない段階で、本当にこの作業が必要なのか」を考えている形跡はない。ある意味では「出来ないことを要求している」ようなもので、考えようによっては「開催中止」「撤退」などと言い出すよりはたちが悪い。

さらにその10分後、かぶ氏が仰々しく緘口令を出す。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0280] Re: 【緊急】スタッフ撤退について
From: かぶ <********@********>
Date: 2014/11/05 7:40
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

各位へ

お疲れ様です。
かぶです。

本ML(準備ML)をご覧頂いている皆様は
[uragasenkyostaff_all:0273](http://www.freeml.com/uragasenkyostaff_all/260/latest)

について、内容をご承知頂いていると存じます。


この問題につきまして、一切の他言無用でお願い致したく存じます。


例え準備MLに入っていた人同士でも、公の場、他人の耳のある場所では
口外なさらないようお願い致します。
また、無関係な方にも口外なさらないようにお願い致します。
その方を巻き込みかねない状況となってしまいます。


口外すれば、もはや各位個人の問題ではなくなります。

以上、よろしくお願い致します。

彼は自分が所属する団体(豊郷ティータイム)でもこういうことをやる人なのだろうか? と思うとやはり薄ら寒いものを感じざるを得ない。

このような薄ら寒い事態が進む一方で、一応は開催継続を前提とする人もまだ残っていた。たとえば、小川さんの知人であるはやとちん氏・すかじん氏である。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0281] 【超重要】【緊急】今後の対応について(主に小川さん)
From: すかじん <********@********>
Date: 2014/11/05 7:41
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

おはようございます。お疲れ様です。**です。

バージルさん、早速のご対応、ありがとうございます。

自分もとにかく版権としてアウトなものは削除する方向で動くべきと感じています。
グレーなものを極力無くし、サークルさんにも十分配慮しながら当日イベン
トを無事に運ぶことに注力しましょう。

採算云々は後から何とかなりますが、問題が大きくなってからでは遅いと思います。

代表の判断をお願いします。

 

Subject: [uragasenkyostaff_all:0282] 緊急事態に関する措置
From: はやとちん <********@********>
Date: 2014/11/05 7:43
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com


はやとちんです。

>脱退の皆様
 お疲れ様でした。鳳翔では引き続きよしなに。

>連絡用インフラについて
 取り急ぎMLを準備しました。
 メーリングリスト:********@********
 参加される方は、********@******** にご連絡ください。
 夜以降順次登録していきます。

だが、多くのスタッフはこの5日中に彼らの撤退宣言に呼応する形で去り、しかも予告通り5日いっぱいで uragasenkyostaff_all は閉鎖されたため、5日にメールを見ていなかった人や判断を保留していた人たちも、完全に放り出される形になってしまった。

ただ、この「撤退」を経ても小川さん側には数名のスタッフが残っており、カタログ以外の点についてはとりあえずは開催可能ではないのか、という状態ではあった。このため、小川さんらはこれを経てもまだ「浦賀船渠ノ航跡」の開催を考えていたという。なので、この段階で中止の宣言が出たわけではない。

浦賀船渠ノ航跡」がふたたび蹴り倒され、開催中止が宣言されるのは、このあとの11月6日から7日に掛けてのことである。

11月5日・昼

前述のとおり、スタッフの離脱が続く。一方で小川さんは問題があるとされた「浦賀船渠ノ航跡」Webサイトの修正に掛かりきりになる。

11月5日・夜

スミス@長野氏が、会議の名目で小川さんを横浜・関内に呼び出す。このとき、小川さんの知人2名(はやとちん氏・すかじん氏)が同行する。

会議は(終電等の都合もあって)22時頃に打ち切られる。はやとちん氏から聞き取った内容によると、「会議」が終わったあと参加メンバーは一度は三々五々帰宅する様子だったが、小川さんはスミス@長野氏らに連れられ、駅改札口とは異なる方向へ去って行ったとのことであった。 この後しばらく小川さんとの音信が途切れる。

小川さんが知人らからの連絡に応じるようになったのは、11月6日に「開催中止」が公表されてからだったという。

11月6日 午前0時

スタッフメーリングリストがいずれも閉鎖される。このため、以後のやりとりはメールや Twitter DM 等が中心になる。

11月6日 深夜~早朝

この頃の動きについてはほとんど記録が残っていない。この後のメールにも出てくるが、小川さんとスミス@長野、くろかい、バージル、トリック★スタァの各氏は『早朝まで』『会議』をしていたとされている。 この『会議』の正体たるや不明であり、この空白となる数時間に何が起きていたのかはあまりよく分かっていない。

始発電車が動き始めた頃に『会議』は終わり、帰途についたものと思われる。

11月6日 朝: 「撤退」すら偽装

小川さんが「浦賀船渠ノ航跡」Webサイトの修正に目処を付ける。

しかしながら午前7時27分以降、まず小川さんは 浦賀船渠ノ航跡から撤退したはずの くろかい氏、そしてトリック★スタァ氏の両氏にこの件を報告し、了解を求めていた。小川さんはこの了解を元に、修正したコンテンツを公開していたことになる。

大多数の一般スタッフは、メーリングリストの閉鎖等もあり、11月6日の段階で文字通りそのまま撤退せざるを得なかったが、それを呼びかけたはずの中核メンバーの スタッフ撤退自体そのものが偽装 であった。彼らは、かの仰々しい撤退宣言を出した当事者であるにも拘わらず、以下のように舌の根も乾かぬうちに「浦賀船渠ノ航跡」への圧力を掛け続けていたのである。

Subject: ウェブサイトについて
From: 小川健佑 <********@********>
Date: 2014/11/06 7:27
CC: ********@********, ********@********

各位、お疲れさまです・


とりあえずできましたのでご確認よろしくお願いいたします

小川

http://members3.jcom.home.ne.jp/norigaku/uragasenkyo/001/index.html

 

Subject: Re: ウェブサイトについて
From: トリック★スタァ <********@********>
Date: 2014/11/06 7:36
To: 小川健佑 <********@********>

流石に自分も法律に詳しくないのでなんともですが、
「会場アクセス」の京浜急行のロゴが微妙な気がします。
通常なら許されるレベルでしょうが状況が状況なので今回に限り削除した方が良いかも
しれません。

確認する限りその程度でしょうか。

**

   

Subject: Re: ウェブサイトについて
From: 小川健佑 <********@********>
Date: 2014/11/06 7:39
To: トリック★スタァ <********@********>

了解しました。
修正の上、くろかいさんの確認を待ちたいと思います。

小川

 

Subject: Re: ウェブサイトについて
From: Kaichi Kuroda <********@********>
Date: 2014/11/06 8:42
To: 小川健佑 <********@********>
CC: ********@********

小川さん、**さん

お疲れさまです、くろかいです。
ウェブサイトのロゴ、写真につきまして修正確認を致しました。

該当の箇所につきましては、私の方では修正がなされたものと確認
しましたので、お知らせ致します。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

Subject: Re: ウェブサイトについて
From: 小川健佑 <********@********>
Date: 2014/11/06 8:52
To: Kaichi Kuroda <********@********>

くろかいさま、**さま

ウェブサイトの確認ありがとうございます。

確認がとれましたので、予定通り全体公開にいたしました。

**様、引き続きよろしくお願いいたします。

小川

このようなWebサイトの修正要求にとどまらず、当時のイベント公式の Twitter アカウントについても修正要求が飛び交い、小川さんはこれの対応にも追われることになる。このため、小川さんは開催日直前にも関わらず、本務に手を付けることがほとんど出来なかったようだ。このため、この頃には小川さんは一般参加者・サークル参加者等からの問い合わせにも応じきれなくなっていたと思われる。

11月6日 夕方 : 二度目の不当要求が行われる

夕方、トリック★スタァ氏が下記のメールを送信する。

Subject: 回答来ました
From: トリック★スタァ <********@********>
Date: 2014/11/06 17:11
To: 小川健佑 <********@********>, Kaichi Kuroda <********@********>, Nagano Smith <********@********>, バージル <********@********>

関係各位
お疲れ様です。

本日の早朝に話し合った内容の通り、
問い合わせを出したところ、電話にて連絡が有りました。
15:00くらいに電話が来ていたのですが、仕事が立て込んでいて
連絡が遅くなってしまいました。

まず、電話番号非通知、また社名を伝えた後、
問い合わせ回答を解説して頂きました。

まず、本件ですが先方はすでに
未承諾で写真やエンブレムを使用している事を確認していたそうです。
本来、即座に法的措置取る予定でしたが、
前例が無い事、イベントの規模から多額の営利が発生しないと予想されること。
主催に悪意が無いだろうとのことで様子見といしていたそうです。
(泳がせていたと言うことです。)
ただし、これは社会人としてコンプライアンス違反を申請して来るのを待つと言う事で、
報告無くイベント開催した場合は法的措置を取ると言うことでした。

ここで、今回コンプライアンス違反を申請した事により法的措置は現時点で回避
されましたが、以下がその条件となります。

・許可を得ずに弊社帰属物を使用し営利活動を行おうとしていたので
 イベントに関しては開催は認められないので中止とすること。

・11/7(金)9:00までにHPにてイベント開催中止の旨を公開すること。
 また、公式HPではトップページ以外全て削除すること。
 問い合わせ先(代表)を公開し、ツイッター等のアカウントは削除すること。

・パンフレット、割り箸(袋)、シール、クリアファイル等、
 弊社帰属品に対し許可を得ていない販売予定品は全て販売禁止とし、
 未開封の製品はそのまま焼却、 若しくは裁断処理すること。
 尚、便宜的でも代表代理となった自分(**)がそれを目視確認すること。
 また、可能ならば処分について証明を希望する。

・配布していたフライヤーは店舗保管分は全て回収し、
 焼却、若しくは裁断処分すること。こちらも自分(**)が目視確認すること。
 すでに一般に広まってしまったものは可能な限り回収を行うこと。
 出回ってしまったものに関しては再度社内確認するが代表に責任対応を
 取って頂く可能性はある。

と言う条件となります。
尚、11/7(金)の9:00までにHPを変更していない場合、
開催の意思有りとみなし、当日は担当者を配置、
イベントが開催される場合は事前に法的措置を以って強制閉会とするそうです。
もう’何があっても本イベント開催は出来ませんと言う解釈で良いです。

本件の問い合わせ回答は以上となります。

また最後に、コンプライアンスを理解し、事前に連絡を頂ければ
しっかりと検討したうえで、イベントが開催出来るような対応をしたかった。
と締めくくられました。非常に残念で悔しい一言ですね。。。

>>小川さん
 残念ですが、上記の通りHPの更新をお願いします。
 尚、完全にブラック認定ですので法的措置覚悟の強行開催は無しです。
 
 販売予定物は全て横須賀南部処理場で焼却処分しますので、
 全てまとめておいて下さい。後ほど数を数えて処分します。
 パンフレットは到着しましたら開封せずにそのままにしておいて下さい。
 未開封で隠していない証明として処分します。

>>3名様
 お手数ですが上記対応が完了する様にご協力をお願いします。
 何かございましたらご連絡下さい。

以上、よろしくお願いします。
 

まず、このメール冒頭「本日の早朝に話し合った内容」と書いてあるが、前述のとおり前夜に小川さんらを呼び出したのはスミス@長野氏、くろかい氏、バージル氏、そしてトリック★スタァ氏の4人であり、この前夜の「会議」のあと、この4人と小川さんがそのまま姿を消した。「早朝の”会議”」で一体何があったのかはわかっていないが、もし彼ら4人が前日夜から6日未明にかけて小川さんを連れ回していたとすると、この「空白の数時間」で、ひどく後ろ暗いことが起きていた可能性が高い、としか言いようがない。

そして、このメールの内容自体も上から下まで眺めてみても「不当要求」でしかなく、おまけに「SHIを装った不当要求」そのままである。ところが、これにもスミス@長野・くろかいの両氏が乗っかり、特にスミス@長野氏は小川さんに開催中止の要求を事実上突きつけ、くろかい氏も小川さんに対し「(代表としての)責務を果たすべく各方面へのご対応を」と、開催中止を前提にした要求を突きつけていた。

Subject: Re: 回答来ました
From: smithnagano <********@********>
Date: 2014/11/06 18:00
To: トリック★スタァ <********@********>
CC: 小川健佑 <********@********>, Kaichi Kuroda <********@********>, バージル <********@********>

お疲れさまです。長野です。

> **さん
ご対応頂きありがとうございます。

> 小川さん
残念ながら、このような結果となってしまいました。
ご対応の程、よろしくお願いいたします。

「諸般の理由により中止」以上のアナウンスを公にする必要はないと
考えますが、いかがでしょうか。

以上です。

@iPhone

小川さんはこの直前の段階でもなんとか開催できないかと模索を続けていたようだが、「撤退したはず」のスミス@長野氏、くろかい氏、バージル氏、そしてトリック★スタァ氏を中核とするメンバーは、このように撤退していたふりをして再度小川さんに接近し、 「開催中止」を小川さんに強要していた。

また、「左翼絡みを偽装する計画」などという恐ろしい言葉も飛び出す始末である。一体その「空白の数時間」で、小川さんは何を要求されていたのかと思うと頭を抱えるしかなかった。

Subject: Re: 回答来ました
From: トリック★スタァ <********@********>
Date: 2014/11/06 18:25
To: smithnagano <********@********>
CC: 小川健佑 <********@********>, Kaichi Kuroda <********@********>, バージル <********@********>

本件はすでに相手に認識されておりますので、当初話していた左翼絡みを偽装する計画は
通用しないです。長野さんの仰る内容が適正だと思います。

 

Subject: Re: 回答来ました
From: Kaichi Kuroda <********@********>
Date: 2014/11/06 18:35
To: トリック★スタァ <********@********>
CC: smithnagano <********@********>, 小川健佑 <********@********>, バージル <********@********>

各位

お疲れさまです、くろかいです。
**さん、諸々のご対応頂きありがとうございます。

誠に残念ではありますが『浦賀船渠ノ航跡』開催中止の旨、
承知致しました。

代表の小川さんに於かれましては、その責務を果たすべく
各方面へのご対応をお願い致します。

ウェブサイトのアナウンスにつきましては、長野さんの意見
に賛同します。

それでは、どうぞよろしくお願い致します。

このあたりのやりとりを改めて見ると、小川さんが一体どのような形で追い込まれていたのか、そして「空白の数時間」で何があったのかを考えると、おぞましいものを感じざるを得ない。

11月6日 20時頃

小川さんが、「浦賀船渠ノ航跡」の開催中止を公表する。


次項について

次項では、開催中止の告知(11月6日深夜)から11月9日までの動きをまとめる予定です。

大まかなことを書きますと、このスミス@長野氏、くろかい氏そしてその周辺の方々らはこの後「開催中止は小川さんに原因があった」という嘘の話を二重三重に喧伝するわけですが、それにどういう人がノせられて尻馬に乗っていたのか、そしてもうひとつは どういう人が嘘の拡散に尽力していたのか という究極的に胸糞悪い話が続きます。

とりあえず、スミス@長野氏の当時の言い分を再掲して本記事の結びとしたいと思います。11月6日23時半頃から、つまり開催中止の告知があって間もない頃のツイートです。今思えば、これも含めて彼の仕込みだったのかもしれませんね。

このツイートには嘘はないですね。

「10/18段階において、当即売会の事前準備作業進捗はゼロでした」→ もう何度か書いてますが真っ赤な嘘でした。

「成功に導くべく力の及ぶ限り努力をしてまいりました。」→ あれで? いらんこと山盛りだったじゃないですか。一番目のクライマックスは会場近隣のコンビニに怪文書まく提案でしたけど、あれで力の及ぶ限りってちょっとどうなんですか。

このツイートにも嘘はないですね。

「パンフレットのデザイン・内容に至るまで、全ては代表個人の手によるものであり、スタッフ達は関知しておりません。」→ うん? あなたカタログ(パンフレット)に寄稿してる本人じゃないですか何言ってんの? こんなところまで嘘ついて何がしたかったの? 俺たち何にも関係ありませんよアッピールですか?

「そこで「念のための調査」をすべきであったかもしれません。」→ あんな不当要求の「念のための調査」もしてないですよね。嬉々として蹴り倒す側に回ってますよね? いったい何を言っているんですか?

「私が存じあげていることは以上です。」 → あなたが本来ご存知のこと、もっとありましたよね。結語までが嘘まみれですか。何なんですかこれ。


(2015/4/20訂正:本文中で「事大主義」と記していた部分について、語句の意味を誤ってとらえておりました。本文は修正済みです。ご指摘をいただいたみなさま、ありがとうございました) (2015/4/20修正:くろかい氏がアカウントを protect したため、Internet Archive のリンクを追加しました) (2015/7/25修正:Internet Archive へのリンクだけでは可読性があまりといえばあまりなので、スクリーンショットを追加しました。ご協力ありがとうございます。)

*1:産業交流プラザの指定管理者は一般財団法人シティサポートよこすか、横須賀市文化会館の指定管理者は神奈川共立・不二環境サービス共同事業体

「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 urg_stf_announce について

浦賀船渠ノ航跡 中止問題 INDEX | | 書き起こし 前半 | 後半 | | 考察 | | | | | urg_stf_annouce | 中間レポート



urg_stf_announce

浦賀船渠ノ航跡」には、スタッフメーリングリストが2つありました。ひとつは「urg_stf_announce」で、これは当日スタッフの人たちへの連絡用として開設されたもので、結果的にはほとんど機能せず役目を終えました。

このメーリングリストの存在は、当日スタッフとして参加予定だった waisinokei さんからも明らかにされています。

都合4通しか配送されなかったメーリングリストでしたが、実はここにいくつか大事な情報が含まれていました。


本項では、「浦賀船渠ノ航跡」のスタッフメーリングリストのうち、urg_stf_announce の内容を公開しています。このメーリングリストの内容を公開することは公共の利益に資するものと考えますので、自分の責任において公開するものです。

urg_stf_announce の本文およびヘッダに記載されている氏名等の一部をいったんマスクします。また、このスタッフメーリングリストが利用していた freeml のシステム上、本文末尾に広告が付与されるのが本来のところですが、本項ではその広告部分を削除しています。


1通目

Subject: [urg_stf_announce:0001] 【共有】8日と9日の横須賀の気象情報と対策について
From: くろかい <********@********>
Date: 2014/11/03 12:28
To: urg_stf_announce@freeml.com
Reply-to: urg_stf_announce@freeml.com

各位、お疲れさまです。

8日(土)と9日(日)の神奈川県横須賀市の気象情報をこちらで書き込み
させて頂きます。

11月3日(月)11:00発表の気象情報及び予報です。

【8日:土曜日】
天気:晴れ時々曇り
最高気温:16℃
最低気温:11℃
降水確率:30%

【9日:日曜日】
天気:曇り
最高気温:19℃
最低気温:11℃
降水確率:40%

【天気概況】
台風20号(ヌーリ)が発生し、現在フィリピンの東にあって、時速10km(6kt)
(中心位置 :北緯18度25分(18.4度):東経 132度30分(132.5度))の速さで
北へ向かっています。中心付近の最大風速は55m/s(105kt)、最大瞬間風速は
75m/s(150kt)の猛烈な台風です。

気象庁の予報によると5日から6日頃にかけて沖縄県の大東諸島に最も接近する
見込みです。その後は7日から9日頃にかけて、関東地方へ最も接近すると見ら
れます。

今のところは8日と9日の神奈川県横須賀市の天気は曇りがちではありますが、
雨は余り降らない予報となっています。ただし今後台風の動き次第では荒天と
なる可能性があります。

天気概況は逐一確認し、こちらへ書き込みします。
よろしくお願い致します。

一通目はお天気のお話で大したことはないのですが、問題は二通目です。

2通目

Subject: [urg_stf_announce:0002] パンフの写真について
From: トリック★スタァ <********@*********>
Date: 2014/11/04 17:43
To: urg_stf_announce@freeml.com
Reply-to: urg_stf_announce@freeml.com

>> >>小川さん
パンフの内容を見ていてふと思ったのですが、
P6のレンガドックの写真は転載許可ってどこかから得てますでしょうか。
浦賀ドック内の写真についてルールが
「敷地内公開時は写真撮影OK、ただし、WEB転載と商業目的利用はNG」
となっております。
仮にこのページの写真が個人で撮影したものだとすると
同人即売会の運営は商業目的の組織(だと思う)で掲載NGかと。
「浦賀工場105年の歩み」から抜粋でも許可を得ていないと
それはそれで問題が有りそうなんですが…
P4はぼかしが入っているのでギリギリセーフだと思います。
(以前、同じ様な使用をしていた方がいらっしゃいました。)

流石に無許可って事は無いですよね。
念の為の確認です。

**

11月4日夕方、よくわからない話が飛び出します。手許にあるカタログを見てみると、「P6のレンガドックの写真」というのはこれのことと思われます。

f:id:ktgohan:20150321232740j:plain

この画像がどこからか転載したものであればよくない話ですが、小川さんに事情を伺ってみたところ、このページの撮影データは全てお手許にあるそうです。ということは、著作権法46条の規定でも問題はありません。これはどういうことかというと、建築物を写真にて複製する場合は、著作権法上は許可を必要としない という明文の規定があるためです。つまり著作権法上は無許可でよい のです。*1

一方で、このような証言もあります。浦賀船渠一般公開の際には、そこで撮った写真は「Webへの公開や商用利用はNG」と。(追記:ドックイベントによっては、そのような申し送りはなかった、と仰る方もいらっしゃるそうです。あとで整理します) これは著作権法46条とは関係がない、開放イベント主催者と入場者との間で別途交わされる取り決めでしょう。*2 自分は浦賀船渠一般公開には行ったことはありませんが、じゃあ実際どんなもんかなあと思って Google 画像検索で見てみると中で撮ったドックの写真が出るわ出るわ、実はあんまり強制力がある規定じゃないんじゃねとも思うわけです。*3

自分が主催だったらここで「46条上は問題ありません」と返信します。ないとは思うんですけれど、万が一「これは本当に施設管理者にガチで怒られそうだ」という風向きになってきたならば、このカタログ自体をなかったことにするだけです。カタログがダメでも開催自体はなんとか出来るはずですからね。

ところが、ここからわずか10時間後に状況が急変します。次のメールを見てみましょう。

3通目

Subject: [urg_stf_announce:0003] 【緊急】スタッフ撤退について
From: かぶ <********@********>
Date: 2014/11/05 03:40
To: urg_stf_announce@freeml.com
Reply-to: urg_stf_announce@freeml.com

>各位
お疲れ様です。かぶです。
必読願います。


当該イベントにつきまして、重大なコンプライアンス違反があったことが明確となりました。
本件は、我々スタッフの身を守るため、ひいてはイベントの存続そのものに関わるものである
と判断いたします。


>小川様
今まで本イベント準備に深く関わってまいりましたが、流石にこれ以上関わることは我々の身
の安全、社会的立場といったものに関わってまいります。

よって、少なくとも私を始めとし、私どもが声かけをしお誘いしたスタッフにおいては、本件
より撤退いたしたく存じます。

2014年11月6日、24時をもって本MLおよび周知MLを閉鎖いたします。
これまで作成したドキュメントによってイベントの運営は可能と存じます。
本件に関わり作成した資産及び責任について一切放棄いたします。

また、本イベントについて居酒屋信濃様、鎮守府に着任しました!準備会様、神戸かわさき造
船これくしょん様、およびフライヤー配布・設置店舗様、及び関係
各位においては、代表の責任において、ご対応願います。


>スタッフ各位
今後につきましては、皆様のご判断にお任せいたしますが、以上の通りです。
皆様の身を守る為、これが最善とご理解ください。
金銭的、時間的負担をお掛けし大変申し訳ございません。
一スタッフとはいえ運営に関わったものとして、伏してお詫び申し上げる次第でございます。
大変申し訳ございません。


以上、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

2014.11.05

かぶ
スミス@長野  
くろかい

拝

尋常な話ではありません。ここで「重大なコンプライアンス違反」と、いきなり剣呑な単語が飛び出しましたがその事情についての説明は一切ありません。 それだけではありません。「我々スタッフの身を守るため、ひいてはイベントの存続そのものに関わる」「流石にこれ以上関わることは我々の身の安全、社会的立場」と、ほとんど脅し文句のようなものがずらずらと並びます。しかし説明はありません。

「本件に関わり作成した資産及び責任について一切放棄いたします」。これまた強烈な言葉が並びます。しかし作成した資産があったとして、それを放棄するのは勝手ですが、 責任を放棄するというのはこれは勝手に出来るものではない と思うんですが、随分と小狡い物言いですね。とりあえず資産と責任はある程度はイーブンするものだったのでしょうか? そもそも資産って何よ。

そしてもうひとつ。このメールで連名で名を連ねていた三名は、いずれも10月19日以降にこのイベントを実質的に乗っ取っていた、スミス@長野氏ら後乗りのスタッフでした。

この urg_stf_announce だけを読んでいた方は、おそらく「カタログに載っていた写真について大きな問題があった」という印象を持たれてしまったと思います。実際には重大な問題なぞどこにもなく、ここからどんなに状況が悪化しても、カタログを引っ込めておけば開催自体には支障はなかったはずなのです。個人的には、引っ込める必要もなかったんじゃないかと思うのですけれどね。

そして、urg_stf_announce 最後の4通目は、3通目のわずかな訂正を知らせるものでした。この後、11月6日午前0時に、urg_stf_announce は実際に閉鎖されました。

4通目

Subject: [urg_stf_announce:0004] Re: 【緊急】スタッフ撤退について
From: かぶ <********@********>
Date: 2014/11/05 03:42
To: urg_stf_announce@freeml.com
Reply-to: urg_stf_announce@freeml.com

訂正がございます。

誤:本MLおよび周知ML
正:本MLおよび準備ML


以上、お詫び申し上げます。

2014年11月5日 3:40 かぶ <********@********>:


    >各位
    お疲れ様です。かぶです。
    必読願います。


    当該イベントにつきまして、重大なコンプライアンス違反があったことが明確となりました。
    本件は、我々スタッフの身を守るため、ひいてはイベントの存続そのものに関わるものであると判断いたします。


    >小川様
    今まで本イベント準備に深く関わってまいりましたが、流石にこれ以上関わることは我々の身の安全、社会的立場といったものに関わってまい
ります。

    よって、少なくとも私を始めとし、私どもが声かけをしお誘いしたスタッフにおいては、本件より撤退いたしたく存じます。

    2014年11月6日、24時をもって本MLおよび周知MLを閉鎖いたします。
    これまで作成したドキュメントによってイベントの運営は可能と存じます。
    本件に関わり作成した資産及び責任について一切放棄いたします。

    また、本イベントについて居酒屋信濃様、鎮守府に着任しました!準備会様、神戸かわさき造船これくしょん様、およびフライヤー配布・設置
店舗様、及び関係各位においては、代表の責任において、ご対応願います。


    >スタッフ各位
    今後につきましては、皆様のご判断にお任せいたしますが、以上の通りです。
    皆様の身を守る為、これが最善とご理解ください。
    金銭的、時間的負担をお掛けし大変申し訳ございません。
    一スタッフとはいえ運営に関わったものとして、伏してお詫び申し上げる次第でございます。
    大変申し訳ございません。


    以上、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

    2014.11.05

    かぶ
    スミス@長野
    くろかい
    

    拝

urg_stf_announce の時系列から

urg_stf_announce の時系列を整理します。

Subject Date 内容
[urg_stf_announce:0001] 2014/11/03 12:28 ML開設1通目、天気の話
[urg_stf_announce:0002] 2014/11/04 17:43 写真の話
[urg_stf_announce:0003] 2014/11/05 03:40 撤退
[urg_stf_announce:0004] 2014/11/05 03:43 撤退(訂正)

撤退宣言とは裏腹に、実際には撤退していなかったというお話について

[urg_stf_announce:0003] をよくよく読んでみると、「何が問題であるかは説明しないけどヤバいと思ったんで俺らは先に撤退する。MLも明日閉鎖する。あとは知らないよ。じゃーねー」と言っているようなものです。めちゃくちゃです。開催まであと4日という中で、開催にこぎつけるためにはどうするか、何がまずいのか、どうするべきか、みたいな話も一切していません。彼らは当日スタッフの人々をまるっきり放り出し、この即売会を空中分解同然の状態に追い込んだと言えましょう

そして、この時点で「浦賀船渠ノ航跡」を事実上乗っ取っていた人たちは「撤退」したことになります。ただ、「重大なコンプライアンス違反」「我々スタッフの身を守るため」「これ以上関わることは我々の身の安全、社会的立場といったものに関わって」 などという大それた撤退宣言とは裏腹に、これらの面々の一部が、11月9日の中止説明会にのうのうと顔を出していたのは既報の通りです。本当にコンプラの問題があったり、身を守る必要があるなら、そもそもなぜ彼らは9日にわざわざ近付いて来ていたのでしょうか。実は、別の目的があったのではないでしょうか?

[urg_stf_announce:0002] はそもそもどこから来たのか

さて、 [urg_stf_announce:0002] は話が突然飛んできています。元がありません。それはそのはずで、このメールは本来は urg_stf_announce ではなく、もう一つのメーリングリストに送信されるべきものが、誤って urg_stf_announce へ送られたものだったからです。

Subject: [uragasenkyostaff_all:0260] 【確認】パンフの写真について
From: スミス@長野 <smithnagano@********>
Date: 2014/11/04 17:55
To: uragasenkyostaff_all@freeml.com
Reply-to: uragasenkyostaff_all@freeml.com

本件、周知MLに流れた為、一旦削除したのち本MLにて再送します。

--

小川さん
パンフの内容を見ていてふと思ったのですが、
P6のレンガドックの写真は転載許可ってどこかから得てますでしょうか。
浦賀ドック内の写真についてルールが
「敷地内公開時は写真撮影OK、ただし、WEB転載と商業目的利用はNG」
となっております。
仮にこのページの写真が個人で撮影したものだとすると
同人即売会の運営は商業目的の組織(だと思う)で掲載NGかと。
「浦賀工場105年の歩み」から抜粋でも許可を得ていないと
それはそれで問題が有りそうなんですが…
P4はぼかしが入っているのでギリギリセーフだと思います。
(以前、同じ様な使用をしていた方がいらっしゃいました。)

流石に無許可って事は無いですよね。
念の為の確認です。

**

もうひとつのメーリングリスト、uragasenkyostaff_all について

ここから先は、当日スタッフ参加組の人からは見えなかった部分です。uragasenkyostaff_all というメーリングリストは、主に事前準備に関わっていた人たちが参加していたメーリングリストでした。いわばコアスタッフ向けのものだったようです。

次項では、この uragasenkyostaff_all で何が起きていたのかを整理した上で、お伝えしようと思います。


(2015/04/20訂正:語句の誤りについてご指摘をいただきました。『ここで「重大なコンプライアンス違反」と、いきなり剣呑ではない単語が飛び出しましたが』→『ここで「重大なコンプライアンス違反」と、いきなり剣呑な単語が飛び出しましたが』本文は修正済みです。ご指摘をいただきました方々に御礼申し上げます。お恥ずかしい…)


(2015/07/29:記事公開当時は送信者やメール本文の一部をマスクしていましたが、その意味もなくなったと思いますのでマスクを解除します。ただし、ほかの記事と同様、本名または本名を強く想起させる部分は引き続きマスクします。)

*1:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html#1000000000000000000000000000000000000000000000004600000000000000000000000000000

*2:2015/4/25訂正:著作権法とは異なるものの、民法上の取り決めや契約に相当するのではないかとのご指摘をいただきました。このため「これは著作権法46条とは関係なく、施設管理者と入構者の間の、法的拘束力はない ローカルルールでしょう。」→「これは著作権法46条とは関係がない、開放イベント主催者と入場者との間で別途交わされる取り決めでしょう。」に訂正します。

*3:入構時に注意事項が書いてある誓約書に自署する必要があった、とかならまた別の話が出てくる可能性はありますが、実際そこはどんなもんなんでしょう? むしろそのルールをきちんと守らせるならそれくらいやっとく必要があると思います。たとえばつくばのKEK一般公開の際に加速器の中入るときは、状況次第ではそれくらいはやるし。

「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」考察5: 「進捗ゼロ」の嘘が確定

浦賀船渠ノ航跡 中止問題 INDEX | | 書き起こし 前半 | 後半 | | 考察 | | | | | urg_stf_annouce | 中間レポート



「進捗ゼロ」は最初から嘘であった

下記は、中止説明会の後半 にて、スミス@長野氏が発言した内容を再掲したものです。

えーと、スタッフの組織についてまずご説明させていただきます。まず10月18日私共が主催より話を聞きまして、主催に対して現状のヒアリングを実施いたしました。10月18日そのヒアリングを実施した段階において、はじめてすべての事前準備の進捗がゼロであるという事象が発覚いたしました。 そのため、私共としてはどうにかしてこのイベントを成功に導かなければ、成功と言いますか、開催させる状況に持っていかなければならないと判断しましたので、手を打つという形を取らせていただきました。

もっぱら10月18日以降に事前の準備、開催に向けての準備等々を実施していたのは、私および私の、私が声を掛けた面々となっております。それを受けて、主催側から、そういった組織形態において事前のミーティング等々を実施しまして、準備ミーティング、準備作業等々を実施しまして、11月の5日頃ですか、準備をしておったのですが、

彼は「10月18日に事前準備の進捗がゼロ」と言い切りました。それ自体が疑わしいものであるとは自分も再三言っていたところでありますが、疑わしいどころか、これが全くの虚偽であったことがわかりました。彼の説明は、最初から嘘だったのです。

浦賀船渠ノ航跡」のカタログ

浦賀船渠ノ航跡」カタログの複写を入手したのは、催事中止から少し時間が経ってからでした。カットページも含めて32pフルカラー。随分と凝った出来で、ここ数年のオンリーイベントでここまで凝ったものはあまり多くはないと思います。

こんなのが出来上がっているのに、10月18日(開催予定日から3週間ほど前)の時点で事前準備ゼロってさすがにないんじゃないかと思っていたのですが、よくよく見るとこんな記述があることに気が付きました。

f:id:ktgohan:20150313235509j:plain

カタログ12pから13p、「イベントのあとには、ここにいけ! 高雄が教える横須賀中央案内」と題された、要は横須賀中央駅・汐入駅周辺の観光ガイドみたいなページです。ここの文は、スミス@長野氏の手によるものだったわけです。この記事の内容自体は特に思うところはないのですが、問題はこの記事がいつ書かれたかということでした。

自分もてっきり「10月19日以降にスミス@長野氏が後乗りで乗り込んできたわけだから、その頃に書かれたものなんだろう」と思い込んでいたのですが、ふと気になって、小川さん(「浦賀船渠ノ航跡」主催)に尋ねてみたところ、スミス@長野氏が初稿を出してきたのは、さらに遡って10月5日だというのです。つまり原稿依頼はさらにその前です。これについては小川さんとスミス@長野氏のやりとりの記録が残っていました。*1 *2

10月18日の時点では進捗ゼロではなかった、という決定的な証拠がこんなところにありました。 スミス@長野氏は、中止説明会で最初から虚偽の説明をしていたのです。

もちろんこれも明確な嘘だったわけです。あなた、カタログの原稿依頼受けてその原稿を10月5日に出してるじゃないですか。どこがゼロですか。ゼロじゃないってことは、実はあなたが一番知っていることじゃないですか。

こうなると、あの中止説明会は一体なんであったのかというところまで話が戻ってしまいます。誰が、誰のために嘘をついたのか、という構図がまるっきり変わってきます。少なくとも、スミス@長野氏はかなりとんでもない虚言を弄し、「準備不足の為自分たちが乗り込んだ」ということを正当化するために事実を捻じ曲げたのはもはや疑いようがありません。

浦賀船渠ノ航跡』には、一体誰が乗り込んできていたのか

こうなると、スミス@長野氏と一緒に『浦賀船渠ノ航跡』に乗り込んできた人とは一体なんであったのか、にももう一度目を向けざるを得なくなります。

情報提供のお願い にて設置したWebフォームからも、いくばくかの情報提供がありまして、そこから聞きだした話などを総合すると、『浦賀船渠ノ航跡』のスタッフ構成は、だいたい下図のようなものであったと思われます。

f:id:ktgohan:20150314004843p:plain

スタッフ構成の全容を完全な形で把握できている人が実は誰もいなかったという経緯もあって、図上の人数そのものはあまりあてにしないでください。スミス@長野氏はML登録者で22人*3と言っていましたが、それより少なめに見積もっています。

図の左下は小川さんと小川さんの直接の知人。図の右下はスミス@長野氏と事前準備に直接関わっていた人たちを指します。で、左上は小川さんに直接スタッフ登録を申し出た人たち、右上はスミス@長野氏らのつてで集められた人たちです。左上・右上の人たちは、おそらくこの「開催中止」とか「進捗ゼロ」の正体をおそらく最後まで知らなかったと思われます。実際、情報提供をいただいた方にお伺いしてみたところ、よくわからないうちにスタッフとして呼ばれ、よくわからないうちにおおごと(当時はそのように見えたのだそうです)になってイベントが空中分解同然になった、という証言で共通していました。

問題なのは、図の右下の人たちです。

なにしろ、よくよく振り返って考えると、『進捗ゼロ』からして最初から嘘で、その上でこの『浦賀船渠ノ航跡』に乗り込んできた人たちであるということです。彼らは一体何をしたのか、何をしなかったのか、きちんと調べ直す必要があると思います。

「進捗ゼロ」は嘘だった。では「中止の理由」は?

「進捗ゼロ」という説明が真っ赤な嘘でありました。主催であった小川さんは実際には準備作業を(早かったか遅かったかはともかく)していたわけですが、当の小川さんがその中止説明会の現場にいる面前で、そんな真っ赤な嘘をついたわけです。ということは、この時点で小川さんは事実を話せる状態にはなかったのではないか、との思いを強くせざるを得ません。

こうなると、中止説明会前半 で、『浦賀船渠ノ航跡』が中止になった理由を「この社章等や写真の権利元に問い合わせてみた結果、これは駄目だということで」等と話していたわけですが、これも同じなのではないか、との疑いが極めて強くなるわけです。

なぜ、小川さんはこんなところで、こんなかたちで(おそらく)意に反したことをしていたのだろう? というあたりの話は自分もほんと首を傾げっぱなしでありまして、今度もう一度小川さんに話を聞いて来ようと思います。

*1:見せていただきました

*2:このお二人がいつ知り合ったのかまではさすがにわかりません。小川さんもそこまでお喋りな人ではないというか非常に口が重たい方のようで、そこまでは聞き出せていないのです

*3:スタッフメーリングリストは実は2つあり、その両方の人数なのか片方の人数なのかもよくわかりません。

【終了】「浦賀船渠ノ航跡 中止問題」 当日参加組のスタッフの方々へのお願い

浦賀船渠ノ航跡 中止問題 INDEX | | 書き起こし 前半 | 後半 | | 考察 | | | | | urg_stf_annouce | 中間レポート


本件呼びかけは、中間レポート 公開により終了しました。ご協力ありがとうございました。


ご連絡をお待ちしております。(当日参加組のスタッフの方々へのお願い)

この記事は、「浦賀船渠ノ航跡」に主に当日スタッフとして参加予定だった方へのお知らせです。

  1. 当時の「浦賀船渠ノ航跡」公式ウェブサイトから、当日スタッフへの参加を申し込んだ方
  2. 知人から紹介等があって、「浦賀船渠ノ航跡」の当日スタッフをやることになった方
  3. 何らかの作業を手伝ったことがある方

上記のいずれかに当てはまる方は、 https://ktgohan.com/contact/ までその旨ご連絡ください。

( 2. に当てはまる方は、できるだけ、いつ頃、どこで、誰からの誘いを受けて参加することになったのかをお書き添えください)

浦賀船渠ノ航跡」中止に強く関わっていたり、中止決定後におかしな話を繰り広げたりした方を除き、 本件中止について関連が薄い方については、今後資料等が公開される際にはそのお名前等をマスクすることが適切であると考えております。そのため、そのような方は出来るだけご連絡をいただきたく存じます。

目的

浦賀船渠ノ航跡」のスタッフ参加者は、その数が最終的には 20人前後という規模 に膨れ上がっていたことがわかっています。

59sp というそれなりの規模を予定していた同人誌即売会としては、異例を通り越して「いくらなんでも多過ぎる」としか形容しようがない数です。

これはどういうことかというと、「スタッフをかき集めていた人物」が、スタッフの適正数について何の知見もなく野放図にスタッフを集めていた証左といってもいいでしょう。このため、実のところ『結局誰がスタッフ参加を予定していたのか』が、いまいち正確なところがわからないというちょっと困ったことになりつつあります。

特に、上記の 1. にあてはまる方にとっては「何が何だかよくわからないうちに中止が決まってしまった」という形であろうと思われますし、 2. にあてはまる大多数の方も「よくわからない話が進行し、いきなり不穏当な話が流れ、あっという間に中止が決まってしまった」という印象を受けられたものと存じます。大変にお気の毒としか申し上げようがありません。

ありていに申し上げますと、20名前後いたスタッフ参加者のうち、過半は「浦賀船渠ノ航跡」の開催中止に強く関与しているわけではない、と言ってしまっていいのであろうと考えています。

また、いまでも本件開催中止そのものに疑問を抱きつつも、あまりにも不穏当な事の成り行きから、誰にも何も話せないという方も少なからずいらっしゃるのではないかと考えております。

開催中止に強く関わったり、中止決定前後より小川さんに槍を投げ続けたような人は論外としか言いようがありません が、それ以外の方は出来るだけお早目に小生まで(上記のウェブフォームを通じて)ご連絡をいただければ幸いです。今後、各種資料が公開されることがある場合に、上記条件にあてはまる方についてはお名前等を全てマスクする必要があると考えますので、出来るだけご協力をいただければ幸いです。(ご連絡をいただけない場合はマスクしない、という意味ではありません。出来る限りマスクはします。ただ、マスクの漏れをなくしたいのです。

どうぞよろしくお願いいたします。お知り合いの方で当てはまる方がいらっしゃる場合は、お互いに声を掛け合っていただけますと幸いです。

https://ktgohan.com/contact/ へのご連絡を、お待ちしております。